• ホーム
  • 二孔チャネルの機能および機能不全

二孔チャネルの機能および機能不全

Function and dysfunction of two-pore channels

Reviews

Sci. Signal. 07 Jul 2015:
Vol. 8, Issue 384, pp. re7
DOI: 10.1126/scisignal.aab3314

Sandip Patel

Department of Cell and Developmental Biology, University College London, London WC1E 6BT, UK. E-mail: patel.s@ucl.ac.uk

要約  二孔チャネル(TPC)は電位開口型イオンチャネルスーパーファミリーの進化上重要なメンバーである。TPCは、エンドリソソームシステムにおける酸性Ca2+貯蔵空間に局在化する。ほとんどの実験結果は、TPCがCa2+動員メッセンジャーニコチン酸アデニンジヌクレオチドリン酸(NAADP)を通してCa2+シグナル伝達を媒介し、様々なCa2+依存性イベントを調整することを示唆している。最近の研究により、TPC活性化の機構が明らかにされ、疾患におけるTPCの役割が同定された。それにより、局所的なCa2+流束によりエンドリソソーム膜輸送が制御されていることが示された。TPCの化学的ターゲティングによりエンドリソソームの「健康」を維持することは、パーキンソン病、脂肪性肝疾患、エボラウイルス感染などの多岐にわたる疾患において有益であるかもしれない。

Citation: S. Patel, Function and dysfunction of two-pore channels. Sci. Signal. 8, re7 (2015).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2015年7月7日号

Editor's Choice

神経科学
記憶を増強するプリオンタンパク質

Research Article

リーリンはin vivoでβアミロイドの毒性を防ぐ

一酸化窒素とS-ニトロシル化による脳グルタミン酸代謝の調節

Research Resources

タンパク質毒性ストレスはSUMO修飾のクロマチンランドスケープをリプログラムする

Reviews

二孔チャネルの機能および機能不全

最新のReviews記事

2018年1月2日号

腫瘍壊死因子スーパーファミリーシグナル伝達の構造原則

2017年12月5日号

HemITAM:非常に強力な単一チロシンモチーフ

2017年11月14日号

PKMζと記憶の維持の遺伝学

2017年8月22日号

アダプター分子RIAMは免疫機能およびがん進行のインテグリン媒介制御に重要なシグナル伝達事象を統合する

2017年8月15日号

インターロイキン-36サイトカインはインターロイキン-1ファミリーシグナル伝達を阻害する微生物免疫回避機構を克服しうる