• ホーム
  • シグナル伝達を時空間的に可視化する高感度FRETバイオセンサーを創作するための多目的ツールキット

シグナル伝達を時空間的に可視化する高感度FRETバイオセンサーを創作するための多目的ツールキット

A Versatile Toolkit to Produce Sensitive FRET Biosensors to Visualize Signaling in Time and Space

Research Resources

Sci. Signal., 23 July 2013
Vol. 6, Issue 285, p. rs12
[DOI: 10.1126/scisignal.2004135]

Rafael D. Fritz1, Michel Letzelter1*, Andreas Reimann1, Katrin Martin1, Ludovico Fusco1, Laila Ritsma2, Bas Ponsioen2, Erika Fluri1, Stefan Schulte-Merker2,3, Jacco van Rheenen2,4, and Olivier Pertz1†

1 Institute of Biochemistry and Genetics, Department of Biomedicine, University of Basel, Mattenstrasse 28, 4058 Basel, Switzerland.
2 Hubrecht Institute–Royal Netherlands Academy of Arts and Sciences and University Medical Center Utrecht, Uppsalalaan 8, 3584 CT Utrecht, the Netherlands.
3 Experimental Zoology Group, Wageningen UR, 6708 Wageningen, the Netherlands.
4 Cancer Genomics Netherlands, 3508 TC Utrecht, the Netherlands.

* Present address: PerkinElmer, Bahnstrasse 8, 8603 Schwerzenbach, Switzerland.

† Corresponding author. E-mail: olivier.pertz@unibas.ch

要約:蛍光共鳴エネルギー移動(FRET)に基づく、遺伝学的にコードされたレシオ測定可能なバイオセンサーは細胞のシグナル伝達の時空間動態を研究するのに強力なツールである。しかしながら、感度に欠けるバイオセンサーが多い。われわれは、双極子の配向を変え、FRET効率を維持したまま、異なるシグナル伝達分子による構造的制約によりよく対応できる、供与蛍光団および受容蛍光団双方の循環置換突然変異を含むバイオセンサーライブラリーを提示した。この戦略により、既存のRhoAおよび細胞外シグナル調節キナーゼ(ERK)バイオセンサーの輝度およびダイナミックレンジを改良した。この改良RhoAバイオセンサーを用いることで、われわれは、RhoAが崩壊する成長円錐全体で広く活性化されるにもかかわらず、軸索伸張時の成長円錐フィロポディア内のF-アクチン束の先端におけるマイクロメートルサイズのRhoA活性領域を発見した。RhoAはまた、運動性線維芽細胞の先端のフィロポディアおよび突き出た膜構造においても活性化していた。さらに、改良ERKバイオセンサーを用いて、低倍率顕微鏡を用いた複数の細胞のERK活性化動態の同時計測およびゼブラフィッシュにおけるin vivo FRETイメージングを行った。このように、われわれは、高感度バイオセンサーを容易に創作できる、ベクターセットからなるコンストラクションツールキットを提供する。

R. D. Fritz, M. Letzelter, A. Reimann, K. Martin, L. Fusco, L. Ritsma, B. Ponsioen, E. Fluri, S. Schulte-Merker, J. van Rheenen, O. Pertz, A Versatile Toolkit to Produce Sensitive FRET Biosensors to Visualize Signaling in Time and Space. Sci. Signal. 6, rs12 (2013).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2013年7月23日号

Editor's Choice

発生生物学
AlkはGliの活性を制御する

Research Article

トランスグルタミナーゼ触媒タンパク質‐タンパク質架橋結合はNF-κB様転写因子Relishの活性を抑制する

超解像顕微鏡によってNKG2Dの活性化時に生じる抑制性ナチュラルキラー細胞受容体のナノメートルスケールの再編成が明らかになる

Research Resources

シグナル伝達を時空間的に可視化する高感度FRETバイオセンサーを創作するための多目的ツールキット

最新のResearch Resources記事

2020年2月4日号

がんにおけるGタンパク質シグナル伝達タンパク質の調節因子の変異ランドスケープの探索

2020年1月28日号

PP2Aの触媒サブユニットのC末端を認識する抗体はPP2Aの活性とホロ酵素の構成の評価には不向きである

抗Mycタグモノクローナル抗体9E10は、隣接する配列前後関係に依存する変動の大きいエピトープ認識を示す

2019年12月10日号

高血圧性腎の代謝再配線

2019年11月26日号

ヒトセクレトーム