ヒトセクレトーム

The human secretome

Research Resources

Sci. Signal. 26 Nov 2019:
Vol. 12, Issue 609, eaaz0274
DOI: 10.1126/scisignal.aaz0274

Mathias Uhlén1,2,3,*, Max J. Karlsson1, Andreas Hober1, Anne-Sophie Svensson4, Julia Scheffel4, David Kotol1, Wen Zhong1, Abdellah Tebani1, Linnéa Strandberg1, Fredrik Edfors1,5, Evelina Sjöstedt3, Jan Mulder3, Adil Mardinoglu1, Anna Berling4, Siri Ekblad4, Melanie Dannemeyer4, Sara Kanje4, Johan Rockberg4, Magnus Lundqvist4, Magdalena Malm4, Anna-Luisa Volk4, Peter Nilsson1, Anna Månberg1, Tea Dodig-Crnkovic1, Elisa Pin1, Martin Zwahlen1, Per Oksvold1, Kalle von Feilitzen1, Ragna S. Häussler1, Mun-Gwan Hong1, Cecilia Lindskog6, Fredrik Ponten6, Borbala Katona6, Jimmy Vuu6, Emil Lindström6, Jens Nielsen7, Jonathan Robinson7, Burcu Ayoglu1, Diana Mahdessian1, Devin Sullivan1, Peter Thul1, Frida Danielsson1, Charlotte Stadler1, Emma Lundberg1, Göran Bergström8,9, Anders Gummesson8, Bjørn G. Voldborg2, Hanna Tegel4, Sophia Hober4, Björn Forsström1, Jochen M. Schwenk1, Linn Fagerberg1, and Åsa Sivertsson1

1 Department of Protein Science, Science for Life Laboratory, KTH-Royal Institute of Technology, Stockholm, Sweden.
2 Center for Biosustainability, Technical University of Denmark, Lyngby, Denmark.
3 Department of Neuroscience, Karolinska Institute, Stockholm, Sweden.
4 Department of Protein Science, AlbaNova University Center, KTH-Royal Institute of Technology, Stockholm, Sweden.
5 Department of Genetics, School of Medicine, Stanford University, Stanford, CA, USA.
6 Department of Pathology, Uppsala University, Uppsala, Sweden.
7 Department of Chemical and Biological Engineering, Chalmers University of Technology, Gothenburg, Sweden.
8 Department of Molecular and Clinical Medicine, Institute of Medicine, Sahlgrenska Academy, University of Gothenburg, Gothenburg, Sweden.
9 Region Västra Götaland, Sahlgrenska University Hospital, Department of Clinical Physiology, Gothenburg, Sweden.

* Corresponding author. Email: mathias.uhlen@scilifelab.se

要約

ヒト細胞によって分泌されるタンパク質群(総称してセクレトームと呼ばれる)は、ヒト生物学の基本的理解だけでなく、将来の診断および治療の潜在的な標的の特定にも重要である。ここでは、ヒト細胞で分泌されると予測されるタンパク質の包括的な解析を提示する。この解析は末梢血へ活発に分泌されるタンパク質を含む、人体での最終的な局在化に関する情報を提供している。解析結果から、セクレトームの多数のタンパク質が細胞外に分泌されず、細胞内に保持されることが示唆され、さらに発現組織に局所的に保持され、血液へ分泌されないことが予測される別の大きなタンパク質群が同定された。質量分析ベースプロテオミクスおよび抗体ベースイムノアッセイによりヒト血液中に検出されたタンパク質は、血中濃度の推定値とともに提示されている。これらの結果は、ヒトタンパク質アトラスの更新バージョン19に示されている。このバージョンでは、セクレトームタンパク質をコードする各遺伝子に注釈が付けられ、体全体の発現データ、単一細胞および細胞内レベルまでの空間局在データ、および血液中で検出可能なタンパク質の存在に関するデータを含む、ヒトセクレトームのオープンアクセス知識リソースを提供する。

Citation: M. Uhlén, M.J. Karlsson, A. Hober, A.-S. Svensson, J. Scheffel, D. Kotol, W. Zhong, A. Tebani, L. Strandberg, F. Edfors, E. Sjöstedt, J. Mulder, A. Mardinoglu, A. Berling, S. Ekblad, M. Dannemeyer, S. Kanje, J. Rockberg, M. Lundqvist, M. Malm, A.-L. Volk, P. Nilsson, A. Månberg, T. Dodig-Crnkovic, E. Pin, M. Zwahlen, P. Oksvold, K. von Feilitzen, R. S. Häussler, M.-G. Hong, C. Lindskog, F. Ponten, B. Katona, J. Vuu, E. Lindström, J. Nielsen, J. Robinson, B. Ayoglu, D. Mahdessian, D. Sullivan, P. Thul, F.Danielsson, C. Stadler, E. Lundberg, G. Bergström, A.Gummesson, B.G. Voldborg, H. Tegel, S. Hober, B. Forsström, J. M. Schwenk, L. Fagerberg, Å. Sivertsson, The human secretome. Sci. Signal. 12, eaaz0274 (2019).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2019年11月26日号

Editor's Choice

外傷が回復力を高める

Research Article

ストレス活性化プロテインキナーゼHog1によるチオールベースの直接的危険感知

PKR依存性の細胞質cGASフォーカスは細胞内DNAセンシングに必要である

Research Resources

ヒトセクレトーム

最新のResearch Resources記事

2020年2月4日号

がんにおけるGタンパク質シグナル伝達タンパク質の調節因子の変異ランドスケープの探索

2020年1月28日号

PP2Aの触媒サブユニットのC末端を認識する抗体はPP2Aの活性とホロ酵素の構成の評価には不向きである

抗Mycタグモノクローナル抗体9E10は、隣接する配列前後関係に依存する変動の大きいエピトープ認識を示す

2019年12月10日号

高血圧性腎の代謝再配線

2019年11月26日号

ヒトセクレトーム