• ホーム
  • PKR依存性の細胞質cGASフォーカスは細胞内DNAセンシングに必要である

PKR依存性の細胞質cGASフォーカスは細胞内DNAセンシングに必要である

PKR-dependent cytosolic cGAS foci are necessary for intracellular DNA sensing

Research Article

Sci. Signal. 26 Nov 2019:
Vol. 12, Issue 609, eaav7934
DOI: 10.1126/scisignal.aav7934

Siqi Hu1,*, Hong Sun1,*, Lijuan Yin1,*, Jian Li1, Shan Mei1, Fengwen Xu1, Chao Wu2, Xiaoman Liu1, Fei Zhao1, Di Zhang1, Yu Huang1, Lili Ren2, Shan Cen3, Jianwei Wang2,†, Chen Liang4,†, and Fei Guo1,†

1 NHC Key Laboratory of Systems Biology of Pathogens, Institute of Pathogen Biology and Center for AIDS Research, Chinese Academy of Medical Sciences and Peking Union Medical College, Beijing 100730, P. R. China.
2 NHC Key Laboratory of Systems Biology of Pathogens and Christophe Mérieux Laboratory, IPB-Fondation Mérieux, Institute of Pathogen Biology, Chinese Academy of Medical Sciences and Peking Union Medical College, Beijing 100730, P. R. China.
3 Institute of Medicinal Biotechnology, Chinese Academy of Medical Sciences and Peking Union Medical College, Beijing 100005, P. R. China.
4 McGill University AIDS Centre, Lady Davis Institute, Jewish General Hospital, Montreal H3T 1E2, Canada.

† Corresponding author. Email: guofei@ipb.pumc.edu.cn (F.G.); chen.liang@mcgill.ca (C.L.); wangjw28@163.com (J.W.).

* These authors contributed equally to this work.

要約

環状GMP-AMPシンターゼ(cGAS)は、侵入した病原体や損傷した細胞小器官に由来する細胞質DNAの主要なセンサーである。cGASが活性化すると、液体様の相分離と膜のない細胞質構造の形成が促進される。本稿でわれわれは、cGASがストレス顆粒の形成に関与する二重鎖核酸ヘリカーゼG3BP1と結合することを明らかにした。G3BP1を欠失させると、cGASの細胞内凝集が阻害され、細胞内DNA粒子およびDNAウイルス粒子に対するインターフェロン応答が抑制された。さらに、RNAに依存したPKRとの会合によって、G3BP1フォーカスの形成とcGASに依存したインターフェロン応答が促進された。まとめると、これらの結果は、PKRがヒト細胞においてcGASのDNAセンシング機能に必要なG3BP1依存性の膜のない細胞質構造の形成を促進することを示している。この結果は、特別な細胞内構造の形成を必要とする核酸センシング経路の間に、これまでは意義が認められていなかったつながりがあることを示唆している。

Citation: S. Hu, H. Sun, L. Yin, J. Li, S. Mei, F. Xu, C. Wu, X. Liu, F. Zhao, D. Zhang, Y. Huang, L. Ren, S. Cen, J. Wang, C. Liang, F. Guo, PKR-dependent cytosolic cGAS foci are necessary for intracellular DNA sensing. Sci. Signal. 12, eaav7934 (2019).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2019年11月26日号

Editor's Choice

外傷が回復力を高める

Research Article

ストレス活性化プロテインキナーゼHog1によるチオールベースの直接的危険感知

PKR依存性の細胞質cGASフォーカスは細胞内DNAセンシングに必要である

Research Resources

ヒトセクレトーム

最新のResearch Article記事

2020年2月18日号

キノームのプロテオミクス機能解析によってMRCKAが高悪性度漿液性卵巣がんの治療標的として同定された

エナメル質細胞におけるCa2+シグナル伝達とミトコンドリア機能をフッ素曝露が変化させる

2020年2月11日号

5-HT6受容体とタンパク質パートナーの動的な相互作用が樹状突起ツリーの形態形成を制御する

可逆的EMTおよびMETは妊娠分娩時の羊膜リモデリングを仲介する

L型Ca2+チャンネルに媒介されるCa2+流入が、生理的および病態生理的条件に対してニューロンのミトコンドリア機能を調節する