• ホーム
  • 代謝 肥満外科手術成功のシグナル

代謝
肥満外科手術成功のシグナル

Metabolism
Signals of a Successful Bariatric Surgery

Editor's Choice

Sci. Signal., 13 May 2014
Vol. 7, Issue 325, p. ec124
[DOI: 10.1126/scisignal.2005468]

Nancy R. Gough

Science Signaling, AAAS, Washington, DC 20005, USA

K. K. Ryan, V. Tremaroli, C. Clemmensen, P. Kovatcheva-Datchary, A. Myronovych, R. Karns, H. E. Wilson-Pérez, D. A. Sandoval, R. Kohli, F. Bäckhed, R. J. Seeley, FXR is a molecular target for the effects of vertical sleeve gastrectomy. Nature 509, 183–188 (2014). [PubMed]

胃の大きさを小さくする必要のある肥満患者のための外科手術手技である垂直袖状胃切除(VSG)は、II型糖尿病患者の薬物治療依存を迅速かつ効果的になくし、持続性の体重減少を導く。グルコース代謝の急速な変化は、食物摂取および栄養吸収の変化がVSG手術の効果の唯一のメディエーターではないことを示唆する。実際に、VSGを受けた患者あるいはマウスは、核内受容体ファルネシルX受容体(FXR)のリガンドである胆汁酸の循環量の増加を示した。Ryanらは、野生型およびFXRをノックアウト(KO)したマウスにVSGを行い、VSG後の体重および体脂肪の減少がFXR-KOマウスでは維持されないことを見いだした。野生型マウスでは、手術後の最初の3週間は食物摂取量が少なく、高脂肪食への嗜好性の低下が見られたが、FXR-KOマウスではどちらも見られなかった。FXR-KOマウスはまた、術後の耐糖性の改善を示さなかった。VSG後の野生型およびFXR-KOマウスの小腸におけるmRNAの存在量の違いに関するバイオインフォマティックス解析は、脂質および胆汁酸代謝に関わる経路における変化およびそれらが腸内細菌叢の変化に関連する可能性を明らかにした。この結果は、胆汁酸の腸内細菌叢調節能および腸内細菌叢の酵素活性を介した胆汁酸組成の調節能と合致した。野生型およびFXR-KOマウスの大腸由来試料の分析は、VSGが野生型マウスの腸内細菌叢に、より大きな総合効果を及ぼし、さらに体重増加の減少と関連した、あるいは、糖尿病と負に関連した腸内細菌叢の変化は、VSG後の野生型マウスにのみ起こることを示した。このように、FXRシグナル伝達および腸内細菌叢の変化はVSGによる短期および長期の有益な効果に重要であると考えられる。

N. R. Gough, Signals of a Successful Bariatric Surgery. Sci. Signal. 7, ec124 (2014).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2014年5月13日号

Editor's Choice

代謝
肥満外科手術成功のシグナル

Research Article

シグナル伝達経路の動的再配線によって腫瘍の死滅を促進させるためのナノ粒子に基づく多剤併用化学療法デリバリーシステム

T細胞受容体からNF-κBへのシグナル伝達は細胞質のp62-Bcl10-Malt1-IKKシグナロソームを介している

Research Resources

電離放射線に対する細胞応答におけるトランスクリプトーム、シストローム、およびエピゲノムの並列プロファイリング

Perspectives

組合せナノ治療:がん細胞の配線を替えてから殺傷する

最新のEditor's Choice記事

2018年5月1日号

小胞体ストレスががんを阻害するとき

2018年4月24日号

新たなつながり:ユーイング肉腫の「ドライバー」がそのアキレス腱である

2018年4月17日号

PD-1シグナル伝達を再検討する

2018年4月10日号

新たなつながり:単純なシグナル伝達系の複雑性

2018年4月3日号

新たなつながり:サイトカインは共有することを学ぶ