• ホーム
  • T細胞受容体からNF-κBへのシグナル伝達は細胞質のp62-Bcl10-Malt1-IKKシグナロソームを介している

T細胞受容体からNF-κBへのシグナル伝達は細胞質のp62-Bcl10-Malt1-IKKシグナロソームを介している

T Cell Receptor Signals to NF-κB Are Transmitted by a Cytosolic p62-Bcl10-Malt1-IKK Signalosome

Research Article

Sci. Signal., 13 May 2014
Vol. 7, Issue 325, p. ra45
[DOI: 10.1126/scisignal.2004882]

Suman Paul1*, Maria K. Traver1, Anuj K. Kashyap1†, Michael A. Washington1‡, Joseph R. Latoche, and Brian C. Schaefer1,2||

1 Department of Microbiology and Immunology, Uniformed Services University, Bethesda, MD 20814, USA.
2 Center for Neuroscience and Regenerative Medicine, Uniformed Services University, Bethesda, MD 20814, USA.

* Present address: Department of Internal Medicine, The University of Toledo Medical Center, 3000 Arlington Avenue, Toledo, OH 43614, USA.

† Present address: Howard Hughes Medical Institute, Janelia Farm Research Campus, Molecular Biology Shared Resource, 19700 Helix Drive, Ashburn, VA 20147, USA.

‡ Present address: Department of Clinical Investigation, Tripler Army Medical Center, 1 Jarrett White Road, Honolulu, HI 96818, USA.

§ Present address: Integrative Cardiac and Metabolic Health Program, Windber Research Institute, 620 7th Street, Windber, PA 15963, USA.

|| Corresponding author. E-mail: brian.schaefer@usuhs.edu

抗原を介したT細胞受容体(TCR)の刺激は、T細胞の増殖およびエフェクター細胞の分化の重要な転写制御因子である核因子κB(NF-κB)の活性化を惹起する。TCRからNF-κBへのシグナル伝達には、Carma1-Bcl10-Malt1(CBM)複合体とκB阻害因子(IκB)キナーゼ(IKK)複合体の両方が必要であるが、CBM複合体とIKKの活性化を結びつける分子機構は、完全には明らかにされていない。われわれは、活性型IKK複合体が、エフェクターT細胞内で形成される、アダプタータンパク質p62を含むTCR依存性の細胞質Bcl10-Malt1シグナロソームの構成要素であることを見いだした。リン酸化されたIκBαおよびNF-κBは、NF-κBが核に移行する前に、一過性にこのシグナロソームに動員された。キナーゼであるTAK1またはIKKの活性の阻害によりIKKのリン酸化は遮断されたが、p62-Bcl10-Malt1クラスターの形成は遮断されず、このことは、シグナロソームの会合後にIKKの活性化が生じることを示唆していた。さらにp62欠損マウスのT細胞の解析から、エフェクターT細胞において、シグナル伝達成分のp62依存性のクラスター形成がNF-κBの活性化を刺激したことが実証された。このように、TCR刺激性のNF-κBの活性化には、細胞質のp62-Bcl10-Malt1-IKKシグナロソームの会合が必要であり、このことがTCRの会合に応答する高度に調節されたNF-κBの活性化を確実にしている可能性がある。

S. Paul, M. K. Traver, A. K. Kashyap, M. A. Washington, J. R. Latoche, B. C. Schaefer, T Cell Receptor Signals to NF-κB Are Transmitted by a Cytosolic p62-Bcl10-Malt1-IKK Signalosome. Sci. Signal. 7, ra45 (2014).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2014年5月13日号

Editor's Choice

代謝
肥満外科手術成功のシグナル

Research Article

シグナル伝達経路の動的再配線によって腫瘍の死滅を促進させるためのナノ粒子に基づく多剤併用化学療法デリバリーシステム

T細胞受容体からNF-κBへのシグナル伝達は細胞質のp62-Bcl10-Malt1-IKKシグナロソームを介している

Research Resources

電離放射線に対する細胞応答におけるトランスクリプトーム、シストローム、およびエピゲノムの並列プロファイリング

Perspectives

組合せナノ治療:がん細胞の配線を替えてから殺傷する

最新のResearch Article記事

2018年5月1日号

核内PTENはマイクロRNAレギュロンの成熟を促進し、敗血症のMyD88依存的感受性を制限する

VEGF-ニューロピリン-2シグナル伝達はRac GAP β2-キメリンのTAZ媒介性抑制によって乳がん細胞における幹様形質を促進する

IKKαとLC3の相互作用がTLR9含有LAPosomeを介してI型インターフェロン産生を促進する

モノラウリン酸グリセロールはLATとSLP-76ミクロクラスターとの結合を遮断することにより糸状仮足の形成を誘導する

2018年4月24日号

マイトファジーはパーキン依存性UCP1非依存性の機構を介してベージュ脂肪細胞維持を制御する