• ホーム
  • 外用抗生物質をやめるべき時?

外用抗生物質をやめるべき時?

Time to ditch topical antibiotics?

Editors' Choice

Science Signaling 01 Jun 2021:
Vol. 14, Issue 685, eabj6974
DOI: 10.1126/scisignal.abj6974

Annalisa M. VanHook

Science Signaling, AAAS, Washington, DC 20005, USA

G. Wang, E. Sweren, H. Liu, E. Wier, M. P. Alphonse, R. Chen, N. Islam, A. Li, Y. Xue, J. Chen, S. Park, Y. Chen, S. Lee, Y. Wang, S. Wang, N. K. Archer, W. Andrews, M. A. Kane, E. Dare, S. K. Reddy, Z. Hu, E. A. Grice, L. S. Miller, L. A. Garza, Bacteria induce skin regeneration via IL-1β signaling. Cell Host Microbe 29, 777-791.e6 (2021).
Google Scholar

J. R. Gonzalez, G. R. Merana, T. C. Scharschmidt, Hair of the mouse: A skin bacteria "cocktail" gets follicles back on their feet. Cell Host Microbe 29, 742-744 (2021).
Google Scholar

共生生物はケラチノサイトのIL-1βシグナル伝達を刺激することにより皮膚の再生と創傷治癒を促進する

要約

常在細菌は、病原体から皮膚を保護し、上皮バリア機能を促進する。それらはまた、T細胞依存的機構を通じて、創傷の再上皮化を刺激し、適応免疫を形成する(Gonzalez et al.参照)。Wangらは、ここに常在細菌が自然免疫応答を通じて皮膚の再生を刺激することを報告する。表層の皮膚創傷とは異なり、マウスの全層の皮膚創傷は、幹細胞プール、神経、および毛包や皮脂腺などの構造の再生を引き起こす。これは、創傷誘発毛髪新生(WIHN)として知られる現象である。著者らは、皮膚常在細菌を減少または排除すると、WIHNが遅くなり、創傷における皮膚幹細胞マーカーの発現が減少することを発見した。常在細菌種、表皮ブドウ球菌(Staphylococcus epidermidis)や、日和見病原菌、黄色ブドウ球菌(S. aureus)でさえ、創傷に注射された場合、WIHNを刺激した。細菌誘発性WIHNは、創傷床のケラチノサイトとマクロファージの両方によって産生される炎症性サイトカイン、インターロイキン-1β(IL-1β)に依存し、ケラチノサイトで特異的に受容体IL-1Rを介したMyD88媒介シグナル伝達に依存していた。IL-1βはまた、培養ヒトケラチノサイトにおける幹細胞マーカーの発現を刺激した。WIHNがヒトで起こることは証明されていないが、皮膚創傷に一般用医薬品として広範囲に使用される抗生物質軟膏は、ヒト被験者において創傷閉鎖を遅らせ、炎症および治癒関連マーカーの発現を減少させた。マウスの場合と同様に、ヒト被験者の創傷閉鎖も黄色ブドウ球菌の存在と相関しており、潜在的に病原性皮膚細菌でさえからも創傷治癒の恩恵を受けることが示唆された。

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2021年6月1日号

Editors' Choice

外用抗生物質をやめるべき時?

Research Article

YorkieはマイクロRNAを介して細胞老化を阻害することによってRasに誘導される腫瘍の増悪を駆動する

呼吸器多核体ウイルス(RSウイルス)がヒト気道平滑筋細胞においてβ2アドレナリン受容体の機能不全を誘導する

最新のEditors' Choice記事

2024年7月16日号

パイロトーシスがダメージをコントロールする

2024年7月9日号

壁細胞の代謝調節因子

2024年7月2日号

オピオイドによる絶縁

2024年6月25日号

パルミトイル化が孔の形成を促進する

2024年6月18日号