STINGと関節炎

STING and arthritis

Editor's Choice

SCIENCE SIGNALING
21 Dec 2021 Vol 14, Issue 714
DOI: 10.1126/scisignal.abn7607

JOHN F. FOLEY

Science Signaling, AAAS, Washington, DC 20005, USA. E-mail: jfoley@aaas.org

T. Li, S. Yum, M. Li, X. Chen, X. Zuo, Z. J. Chen, TBK1 recruitment to STING mediates autoinflammatory arthritis caused by defective DNA clearance. J. Exp. Med. 219, e20211539 (2022).
CROSSREF  PUBMED  GOOGLE SCHOLAR

キナーゼTBK1のアダプターSTINGへの動員はインターフェロン非依存性の自己炎症性関節炎を媒介する

要約

内因性DNAを細胞質から除去できないと、細胞死や炎症が生じる。実際、DNアーゼをコードする遺伝子の変異は、自己炎症性疾患全身性エリテマトーデスと関連している。DNase II−/−マウスは、I型インターフェロン(IFN)依存性の炎症と細胞死により胚性致死となる。DNase II−/−マウスの致死性はI型IFN受容体の欠失により救済されるが、マウスは関節リウマチの特徴をもつ慢性多関節炎を発症する。細胞質DNA感知経路であるcGAS-STING経路の構成要素のノックアウトも、DNase II−/−の致死性を救済する。そこで、Liらは、様々な変異型STINGタンパク質を発現するDNase II−/−マウスを作製することにより疾患に寄与したSTINGの下流経路を調べた。S365A STING変異体の発現は、DNase II−/−マウスの致死性を救済したが、サイトカインであるTNFαおよびIL-6に依存した多関節炎を依然として呈した。S365A変異は、STINGがI型IFN産生に必要な転写因子IRF3を動員することを妨げる。しかしながら、S365A STINGはIRF3とNF-κBの両方の活性化に必要なキナーゼTBK1を依然として動員し、炎症性サイトカインの産生を誘導する。対照的に、TBK1を動員できないL373A STING変異体またはSTINGのC末端短縮型変異体を発現したDNase II−/−マウスは成体期まで生存したが、多関節炎を発症せず、炎症性サイトカインの産生を示さなかった。まとめると、これらのデータは、STINGへのTBK1の動員によりDNAクリアランスの欠損を原因とする多関節炎が引き起こされるが、IRF3の動員によっては引き起こされないことを示し、自己DNAに起因する自己炎症性疾患の治療戦略を示唆している。

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2021年12月21日号

Editor's Choice

STINGと関節炎

Research Article

JNKおよびcGAS-STINGを介したIL19発現の誘導はDNA損傷により誘導されるサイトカイン産生を調節する

α2aアドレナリン受容体が刺激される前後のSNARE複合体に対する、Gβγサブユニットの特異性

コロニン1-PI3Kδ経路によるカスパーゼ8活性の抑制はTCRおよびIL-7シグナル伝達とは独立にT細胞の生存を促進する

最新のEditor's Choice記事

2021年12月21日号

STINGと関節炎

2021年12月14日号

転移への道を開く

2021年12月7日号

抗腫瘍免疫を狡猾に回避する

2021年11月30日号

微生物叢からミクログリアへのメッセージ

2021年11月23日号

B細胞を繕う