• ホーム
  • コロニン1-PI3Kδ経路によるカスパーゼ8活性の抑制はTCRおよびIL-7シグナル伝達とは独立にT細胞の生存を促進する

コロニン1-PI3Kδ経路によるカスパーゼ8活性の抑制はTCRおよびIL-7シグナル伝達とは独立にT細胞の生存を促進する

Suppression of caspase 8 activity by a coronin 1-PI3Kδ pathway promotes T cell survival independently of TCR and IL-7 signaling

Research Article

SCIENCE SIGNALING
21 Dec 2021 Vol 14, Issue 714
DOI: 10.1126/scisignal.abj0057

Mayumi Mori1,†, Julie Ruer-Laventie1, Wandrille Duchemin2,3, Philippe Demougin4, Tohnyui Ndinyanka Fabrice1, Matthias P. Wymann5, Jean Pieters1,*

  1. 1 Biozentrum, University of Basel, Basel, Switzerland.
  2. 2 SIB Swiss Institute of Bioinformatics, Lausanne, Switzerland.
  3. 3 Center for Scientific Computing (sciCORE), University of Basel, Basel, Switzerland.
  4. 4 Biozentrum, Life Sciences Training Facility, University of Basel, Basel, Switzerland.
  5. 5 Department of Biomedicine, University of Basel, Basel, Switzerland.

* Corresponding author. Email: jean.pieters@unibas.ch

† Present address: Department of Gerontology, Foundation for Biomedical Research and Innovation at Kobe (FBRI), and Department of Immunology and Cancer Biology, Institute for Research on Productive Aging (IRPA), 6-3-7 Minatojima-minamimachi, Chuo-ku, Kobe City, Hyogo 650-0047, Japan.

要約

T細胞の生存の制御は、感染性病原体やがんの発生に対する防御にきわめて重要である。末梢ナイーブT細胞の生存は、インターロイキン-7(IL-7)シグナル伝達と、ペプチドと結合した主要組織適合遺伝子複合体(pMHC)によるT細胞受容体(TCR)活性化によって制御されると提唱されているが、これらの経路は胸腺出力とT細胞増殖に重要な役割を果たすことから、T細胞の生存へのそれらの寄与を解析することは困難になっている。今回われわれは、胸腺の選択と出力には不要なWDリピート含有タンパク質であるコロニン1が、TCRおよびIL-7シグナル伝達に依存しない形で、末梢におけるナイーブT細胞の生存を促進することを示した。コロニン1は、ホスホイノシチド3-キナーゼδ(PI3Kδ)の基底活性の維持に必要であり、それによってカスパーゼ8を介するアポトーシスを抑制した。したがってこれらの結果は、pMHC:TCRおよびIL-7シグナル伝達に依存せず、末梢T細胞の生存に不可欠な、コロニン1依存性のPI3Kδ経路を明らかにしている。

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2021年12月21日号

Editor's Choice

STINGと関節炎

Research Article

JNKおよびcGAS-STINGを介したIL19発現の誘導はDNA損傷により誘導されるサイトカイン産生を調節する

α2aアドレナリン受容体が刺激される前後のSNARE複合体に対する、Gβγサブユニットの特異性

コロニン1-PI3Kδ経路によるカスパーゼ8活性の抑制はTCRおよびIL-7シグナル伝達とは独立にT細胞の生存を促進する

最新のResearch Article記事

2021年12月21日号

JNKおよびcGAS-STINGを介したIL19発現の誘導はDNA損傷により誘導されるサイトカイン産生を調節する

α2aアドレナリン受容体が刺激される前後のSNARE複合体に対する、Gβγサブユニットの特異性

コロニン1-PI3Kδ経路によるカスパーゼ8活性の抑制はTCRおよびIL-7シグナル伝達とは独立にT細胞の生存を促進する

2021年12月14日号

脂肪細胞におけるIP3RによるCa2+シグナル伝達の異常が、肥満において炎症を代謝調節不全に結び付ける

PLCβ4のブドウ膜黒色腫関連変異は恒常的に活性化されメラノサイトの増殖と腫瘍形成を促進する