アポトーシス
死を免れる

Apoptosis
Evading Death

Editor's Choice

Sci. Signal., 5 July 2011
Vol. 4, Issue 180, p. ec184
[DOI: 10.1126/scisignal.4180ec184]

Wei Wong

Science Signaling, AAAS, Washington, DC 20005, USA

 

Fas受容体は、リガンドが結合すると、細胞死誘導性シグナル伝達複合体(DISC)を組み立てる。このようなDISCの組立ての第一段階は、アダプタータンパク質であるFADD(Fas関連細胞死ドメインタンパク質)のFasへの動員である。これによって、イニシエーター・カスパーゼ(カスパーゼ8など)とエフェクター・カスパーゼ(カスパーゼ3や7など)の動員と活性化が誘導される。効果的なアポトーシスシグナル伝達にはFasのエンドサイトーシスも必要である。SwindallとBellisは、FasがST6Gal-I(糖タンパク質のN-グリカンにシアル酸を付加する糖転移酵素)の基質であることを見いだした。結腸がんなど様々ながん種におけるST6Gal-I量の増大は、転移や予後不良と関連がある。ST6Gal-Iを過剰発現しているHD3結腸がん細胞(HD3.par細胞)に比べて、shRNAの安定発現によりST6Gal-Iが欠乏している細胞(HD3.sh細胞)では、CH11(Fas活性化抗体)に応答するアポトーシス亢進(カスパーゼ3および7の活性化、核凝縮、細胞形態の変化により評価)を示したが、細胞死受容体4(DR4)およびDR5のリガンドであるTRAILに応答するアポトーシス亢進は示さなかった。同様に、Fasの本来のリガンドであるFasLで処理したHD3.sh細胞では、カスパーゼ3のさらに高い活性化が検出された。(通常はST6Gal-Iが検出されない)SW48結腸上皮細胞にST6Gal-Iを過剰発現させると、FasLで誘発されるアポトーシスが防止されたが、TRAILで誘発されるアポトーシスは防止されなかった。生化学的アッセイによって、ST6Gal-IによってFasにシアル酸が付加されることが示唆され、この修飾はCH11処理細胞におけるFasへのFADDの動員(すなわちDISC形成)を低下させ、Fasの細胞内移行を妨げた。つまり、結腸がん細胞はST6Gal-Iを多く含むことによって、Fas誘発性アポトーシスを免れているのかもしれない。

A. F. Swindall, S. L. Bellis, Sialylation of the Fas death receptor by ST6Gal-I provides protection against Fas-mediated apoptosis in colon carcinoma cells. J. Biol. Chem. 286, 22982-22990 (2011).[Abstract] [Full Text]

W. Wong, Evading Death. Sci. Signal. 4, ec184 (2011).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2011年7月5日号

Editor's Choice

アポトーシス
死を免れる

Research Article

Smoothenedの逐次的リン酸化はヘッジホッグシグナルを段階的に伝達する

Research Resources

グルココルチコイドシグナル伝達および炎症応答を調節するリソソーム経路の同定

Perspectives

細菌由来の足場タンパク質が新たな高次複合体を集合させて真核細胞の諸過程を再構築する

最新のEditor's Choice記事

2020年8月25日号

増殖因子とSARS-CoV-2

2020年8月18日号

向社会性ニューロリジン

2020年8月11日号

PHD3なしで運動改善

2020年8月4日号

好中球の群れを調整する

2020年7月28日号

RSVの侵入の促進