• ホーム
  • 特集:細胞シグナル伝達実験の再現性と正確性に取り組む

特集:細胞シグナル伝達実験の再現性と正確性に取り組む

Focus Issue: Tackling reproducibility and accuracy in cell signaling experiments

Editorial Guides

Sci. Signal., 7 April 2015
Vol. 8, Issue 371, p. eg4
DOI: 10.1126/scisignal.aab1831

Nancy R. Gough*

Editor, Science Signaling, AAAS, 1200 New York Avenue, N.W., Washington, DC 20005, USA.

* Corresponding author. E-mail: ngough@aaas.org

要約  Science Signalingの今号の特集では、選考委員会(Board of Reviewing Editors)と科学編集長(Chief Scientific Editor)の協力を得て、再現性を取り巻く懸念と、制御現象を正確に定量化しモデル化する際の適切な方法論的考察に関連する問題のなかから一般的なものをいくつか取り上げる。主な内容は、エラーの発生元、生物学的“n”と適切な統計解析の応用についての理解、定量的ウェスタンブロッティング、定量的質量分析に基づくプロテオミクス、細胞ネットワークの定量モデル確立のためのパラメーター化などである。

N. R. Gough, Focus Issue: Tackling reproducibility and accuracy in cell signaling experiments. Sci. Signal. 8, eg4 (2015).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2015年4月7日号

Editor's Choice

神経科学
ストレス緩和のための過飲

Editorial Guides

特集:細胞シグナル伝達実験の再現性と正確性に取り組む

Research Resources

定量的イムノブロッティングの決定的因子の分析

TRAIL誘発性アポトーシスにおけるキナーゼネットワークの統合解析は併用療法の標的候補ソースを提供する

Reviews

翻訳後修飾の定量的質量分析:信頼への鍵

最新のEditorial Guides記事

2017年3月14日号

特集:がん−腫瘍遺伝学を超えてタンパク質のランドスケープへ

2017年2月28日号

注目問題:ヒーローと悪役としてのオートファジー

2017年2月21日号

変動原因:動物の微生物叢

2017年1月3日号

2016:シグナル伝達の「ブレイクスルー・オブ・ザ・イヤー」

2016年12月6日号

解明されつつある細胞制御における細胞小器官の役割