• ホーム
  • 翻訳後修飾の定量的質量分析:信頼への鍵

翻訳後修飾の定量的質量分析:信頼への鍵

Quantitative mass spectrometry of posttranslational modifications: Keys to confidence

Reviews

Sci. Signal., 7 April 2015
Vol. 8, Issue 371, p. re5
DOI: 10.1126/scisignal.aaa6466

Marco Leo Hennrich and Anne-Claude Gavin*

Structural and Computational Biology Unit and Molecular Medicine Partnership Unit, European Molecular Biology Laboratory (EMBL), 69117 Heidelberg, Germany.

* Corresponding author. E-mail: gavin@embl.de

要約  タンパク質の翻訳後修飾(PTM)は、細胞制御の重要な段階である。PTMは、シグナルの効率的な伝達に関与し、細胞の長期記憶の基礎を形成し、細胞が急速に変化する環境に適応することを可能にする。タンパク質機能の多くの側面に影響を与える200種以上のPTMが記述されており、これらの修飾の重要性は、その調節異常に起因する疾患の数から明らかである。リン酸化、アセチル化、グリコシル化、メチル化、ユビキチン化、SUMO化など特定のPTMに関するプロテオームワイドな解析は、多くの研究室での標準的な手法となっている。われわれは、質量分析に基づく手法を用いたシステムワイドなPTM解析のいくつかの重要な側面に焦点を当てて議論する。

M. L. Hennrich and A.-C. Gavin, Quantitative mass spectrometry of posttranslational modifications: Keys to confidence. Sci. Signal. 8, re5 (2015).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2015年4月7日号

Editor's Choice

神経科学
ストレス緩和のための過飲

Editorial Guides

特集:細胞シグナル伝達実験の再現性と正確性に取り組む

Research Resources

定量的イムノブロッティングの決定的因子の分析

TRAIL誘発性アポトーシスにおけるキナーゼネットワークの統合解析は併用療法の標的候補ソースを提供する

Reviews

翻訳後修飾の定量的質量分析:信頼への鍵

最新のReviews記事

2018年1月2日号

腫瘍壊死因子スーパーファミリーシグナル伝達の構造原則

2017年12月5日号

HemITAM:非常に強力な単一チロシンモチーフ

2017年11月14日号

PKMζと記憶の維持の遺伝学

2017年8月22日号

アダプター分子RIAMは免疫機能およびがん進行のインテグリン媒介制御に重要なシグナル伝達事象を統合する

2017年8月15日号

インターロイキン-36サイトカインはインターロイキン-1ファミリーシグナル伝達を阻害する微生物免疫回避機構を克服しうる