• ホーム
  • 定量的イムノブロッティングの決定的因子の分析

定量的イムノブロッティングの決定的因子の分析

An analysis of critical factors for quantitative immunoblotting

Research Resources

Sci. Signal., 7 April 2015
Vol. 8, Issue 371, p. rs2
DOI: 10.1126/scisignal.2005966

Kevin A. Janes

Department of Biomedical Engineering, University of Virginia, Charlottesville, VA 22908, USA. E-mail: kjanes@virginia.edu

要約  イムノブロッティング(ウェスタンブロッティングとも呼ばれる)とデジタルイメージ解析の組合せは信頼し得るタンパク質量およびタンパク質修飾の分析法となり得るが、すべてのイムノブロット解析法によって正確な結果が得られるとは限らない。本稿では、サンプル調製、プロトコールの履行、検出方式および標準化手法がイムノブロッティングの定量性能にどれほど大きな影響を与えるかを解説する。本研究では、イムノブロット解析ワークフローの正確度および精度を評価する診断実験を実施した。その結果、このような診断を無視すると、タンパク質量の真の差を顕著に過大評価または過小評価する疑似定量的なイムノブロットデータが生じ得ることが示された。

K. A. Janes, An analysis of critical factors for quantitative immunoblotting. Sci. Signal. 8, rs2 (2015).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2015年4月7日号

Editor's Choice

神経科学
ストレス緩和のための過飲

Editorial Guides

特集:細胞シグナル伝達実験の再現性と正確性に取り組む

Research Resources

定量的イムノブロッティングの決定的因子の分析

TRAIL誘発性アポトーシスにおけるキナーゼネットワークの統合解析は併用療法の標的候補ソースを提供する

Reviews

翻訳後修飾の定量的質量分析:信頼への鍵

最新のResearch Resources記事

2018年4月17日号

インターロイキン-2は細胞傷害性T細胞プロテオームおよび免疫環境感知プログラムを形作る

2018年3月6日号

cAMPr:環状AMPに対する単一波長蛍光センサー

2017年12月5日号

オキシトシンのわずかな修飾によって効力を維持したまま種を通じた選択性を改善するリガンドが生成される

2017年11月14日号

Affimer(Adhiron)技術を用いたSUMO-1およびSUMO-2/3媒介タンパク質間相互作用の特異的阻害剤の作製

2017年10月31日号

TLR4の定量的単一分子イメージングによってリガンド特異的な受容体の二量体化が明らかに