• ホーム
  • ミトコンドリア活性酸素種による表皮の分化と毛包の発達の促進

ミトコンドリア活性酸素種による表皮の分化と毛包の発達の促進

Mitochondrial Reactive Oxygen Species Promote Epidermal Differentiation and Hair Follicle Development

Research Article

Sci. Signal., 5 February 2013
Vol. 6, Issue 261, p. ra8
[DOI: 10.1126/scisignal.2003638]

Robert B. Hamanaka1, Andrea Glasauer1, Paul Hoover2, Shuangni Yang2, Hanz Blatt2, Andrew R. Mullen3, Spiro Getsios2, Cara J. Gottardi1, Ralph J. DeBerardinis3, Robert M. Lavker2, and Navdeep S. Chandel1*

1 Department of Medicine, The Feinberg School of Medicine, Northwestern University, Chicago, IL 60611, USA.
2 Department of Dermatology, The Feinberg School of Medicine, Northwestern University, Chicago, IL 60611, USA.
3 Department of Pediatrics, University of Texas Southwestern Medical Center at Dallas, Dallas, TX 75390, USA.

* To whom correspondence should be addressed. E-mail: nav@northwestern.edu

要約:表皮および濾胞上皮内でケラチノサイトの分化が適切に調節されることは、表皮のバリア機能と毛髪成長の維持にとって不可欠である。しかし、表皮と濾胞上皮の分化に関連する形態学的変化と遺伝的変化を調節するシグナル伝達中間体については、ほとんどわかっていない。われわれは、電子伝達系サブユニットをコードするミトコンドリア遺伝子の転写に不可欠なミトコンドリア転写因子A(mitochondrial transcription factor A:TFAM)の、ケラチノサイト特異的欠損マウスを作製し、ミトコンドリアが生成する活性酸素種(reactive oxygen species:ROS)が表皮分化の重要な調節因子であるという仮説を検証した。ケラチノサイトにおけるTFAMの欠損は、表皮の分化と毛髪毛包の発達を抑制し、マウスは出生2週間後に死亡した。TFAM欠損ケラチノサイトは、ミトコンドリア由来のROSを生成することができず、この欠損は、表皮の分化と毛包の発達にそれぞれ不可欠なNotchとbカテニンのシグナル伝達を妨げていた。in vitroにおけるケラチノサイトの分化は抗酸化物質の存在下で抑制され、TFAM欠損ケラチノサイトで生じていた分化マーカー量の減少は、過酸化水素を外因性に投与することによって部分的に回復した。これらの知見は、ミトコンドリアが産生するROSが、細胞分化と組織の形態形成の重要なメディエーターであることを示唆する。

R. B. Hamanaka, A. Glasauer, P. Hoover, S. Yang, H. Blatt, A. R. Mullen, S. Getsios, C. J. Gottardi, R. J. DeBerardinis, R. M. Lavker, N. S. Chandel, Mitochondrial Reactive Oxygen Species Promote Epidermal Differentiation and Hair Follicle Development. Sci. Signal. 6, ra8 (2013).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2013年2月5日号

Editor's Choice

発生生物学
Fatの機能を分ける

Research Article

ミトコンドリア活性酸素種による表皮の分化と毛包の発達の促進

立体障害は抗菌オートファジーにおける「危険」受容体ガレクチン8に対するオートファジーカーゴ受容体NDP52の選択性を促進する

Perspectives

p53調節回路のアトラクター・ランドスケープ解析で得られる治療のヒント

最新のResearch Article記事

2020年3月31日号

4-1BB共刺激は非標準的NF-κBシグナル伝達を介してCAR T細胞の生存を促進する

カルモジュリンはファルネシル化KRAS4bの脂質部分を隔離することでその細胞膜局在化を阻害する

Gタンパク質活性化の固有の有効性の低さにより新しいオピオイドアゴニストの改善された副作用プロファイルを説明できる

2020年3月24日号

ヒト代謝アトラス

非標準的STAT1はリン酸化によって転写活性がLPS誘導性IL-6およびIL-12p40産生の促進に拡大する