• ホーム
  • DNA複製の直接阻害因子としてのHIF-1αの非転写性の役割

DNA複製の直接阻害因子としてのHIF-1αの非転写性の役割

A Nontranscriptional Role for HIF-1α as a Direct Inhibitor of DNA Replication

Research Article

Sci. Signal., 12 February 2013
Vol. 6, Issue 262, p. ra10
[DOI: 10.1126/scisignal.2003417]

Maimon E. Hubbi1,2*, Kshitiz1,3,4*, Daniele M. Gilkes1,2, Sergio Rey1,2, Carmen C. Wong1,2, Weibo Luo1,5, Deok-Ho Kim4, Chi V. Dang6, Andre Levchenko1,3, and Gregg L. Semenza1,2,5,6,7†

1 Vascular Program, Institute for Cell Engineering, Johns Hopkins University School of Medicine, Baltimore, MD 21205, USA.
2 McKusick-Nathans Institute of Genetic Medicine, Johns Hopkins University School of Medicine, Baltimore, MD 21205, USA.
3 Department of Biomedical Engineering, Johns Hopkins University, Baltimore, MD 21218, USA.
4 Department of Bioengineering, School of Medicine, University of Washington, Seattle, WA 98195, USA.
5 Department of Biological Chemistry, Johns Hopkins University School of Medicine, Baltimore, MD 21205, USA.
6 Departments of Medicine and Oncology, Johns Hopkins University School of Medicine, Baltimore, MD 21205, USA.
7 Departments of Pediatrics and Radiation Oncology, Johns Hopkins University School of Medicine, Baltimore, MD 21205, USA.

* These authors contributed equally to this work.

† To whom correspondence should be addressed. E-mail: gsemenza@jhmi.edu

要約:低酸素によって生じる細胞周期停止は、O2の需給バランスを維持するための基礎的な生理学的機序である。O2利用率を低下させる細胞応答の多くは、低酸素誘導因子1(HIF-1)の転写活性によって媒介されている。本稿では、DNA複製阻害因子としての単離HIF-1αサブユニットの役割を報告する。この役割はHIF-1βおよび転写制御には依存していなかった。低酸素に対し、HIF-1αは、ミニ染色体維持(MCM)複合体(DNAヘリカーゼ活性を有する)のDNAへのローディングに必須のタンパク質であるCdc6と結合し、Cdc6とMCM複合体の相互作用を促進した。Cdc6とMCM複合体の相互作用はMCMタンパク質と染色体の会合を促進したが、HIF-1αがこの複合体に結合すると、Cdc7キナーゼによるMCM複合体のリン酸化および活性化が低下した。その結果、各種細胞型において、HIF-1αは複製起点の発火を阻害し、DNA複製を抑制し、細胞周期停止を誘導した。これらの知見から、HIF-1αの安定化が低酸素による細胞周期停止に至る、転写非依存的な機序が確立された。

M. E. Hubbi, Kshitiz, D. M. Gilkes, S. Rey, C. C. Wong, W. Luo, D.-H. Kim, C. V. Dang, A. Levchenko, G. L. Semenza, A Nontranscriptional Role for HIF-1α as a Direct Inhibitor of DNA Replication. Sci. Signal. 6, ra10 (2013).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2013年2月12日号

Editor's Choice

発生生物学
尾の再生とROS

Research Article

DNA複製の直接阻害因子としてのHIF-1αの非転写性の役割

ERKを介した線維芽細胞増殖因子受容体1のSer777におけるリン酸化はシグナル伝達を阻害する

Perspectives

ニューロトロフィン前駆体とその抗神経栄養作用

最新のResearch Article記事

2018年5月1日号

核内PTENはマイクロRNAレギュロンの成熟を促進し、敗血症のMyD88依存的感受性を制限する

VEGF-ニューロピリン-2シグナル伝達はRac GAP β2-キメリンのTAZ媒介性抑制によって乳がん細胞における幹様形質を促進する

IKKαとLC3の相互作用がTLR9含有LAPosomeを介してI型インターフェロン産生を促進する

モノラウリン酸グリセロールはLATとSLP-76ミクロクラスターとの結合を遮断することにより糸状仮足の形成を誘導する

2018年4月24日号

マイトファジーはパーキン依存性UCP1非依存性の機構を介してベージュ脂肪細胞維持を制御する