• ホーム
  • イノシトールポリリン酸マルチキナーゼはp53の媒介する転写および細胞死のコアクチベーターである

イノシトールポリリン酸マルチキナーゼはp53の媒介する転写および細胞死のコアクチベーターである

Inositol Polyphosphate Multikinase Is a Coactivator of p53-Mediated Transcription and Cell Death

Research Article

Sci. Signal., 2 April 2013
Vol. 6, Issue 269, p. ra22
[DOI: 10.1126/scisignal.2003405]

Risheng Xu1,2*, Nilkantha Sen3*, Bindu D. Paul3, Adele M. Snowman3, Feng Rao3, M. Scott Vandiver1,2, Jing Xu3, and Solomon H. Snyder1,3,4†

1 Department of Pharmacology and Molecular Sciences, Johns Hopkins University School of Medicine, Baltimore, MD 21205, USA.
2 Medical Scientist Training Program, Johns Hopkins University School of Medicine, Baltimore, MD 21205, USA.
3 The Solomon H. Snyder Department of Neuroscience, Johns Hopkins University School of Medicine, Baltimore, MD 21205, USA.
4 Department of Psychiatry, Johns Hopkins University School of Medicine, Baltimore, MD 21205, USA.

* These authors contributed equally to this work.

† Corresponding author. E-mail: ssnyder@jhmi.edu

要約:腫瘍抑制タンパク質p53は、細胞周期停止、アポトーシスおよび腫瘍抑制に至る遺伝子発現を誘導する重要なストレス応答性転写因子である。われわれは、哺乳類イノシトールポリリン酸マルチキナーゼ(IPMK)が、イノシトールリン酸および脂質キナーゼ活性とは非依存的に、p53と結合し、アセチルトランスフェラーゼp300によるp53のアセチル化を亢進することにより、p53による転写を活性化することを明らかにした。遺伝学的またはRNA干渉(RNAi)によってIPMKをノックダウンすると、p53の活性化および標的遺伝子プロモーターへのp53およびp300の動員が抑制され、p53標的遺伝子の転写が阻害され、細胞生存率が増加した。また、IPMKとp53の相互作用を遮断すると、p53による転写が減少した。これらの結果から、IPMKはp53の転写コアクチベーターとして作用し、細胞死を促進するp53転写複合体に不可欠な要素であると考えられる。

R. Xu, N. Sen, B. D. Paul, A. M. Snowman, F. Rao, M. S. Vandiver, J. Xu, S. H. Snyder, Inositol Polyphosphate Multikinase Is a Coactivator of p53-Mediated Transcription and Cell Death. Sci. Signal. 6, ra22 (2013).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2013年4月2日号

Editor's Choice

生理学
心臓と心をストレスから守る

Research Article

イノシトールポリリン酸マルチキナーゼはp53の媒介する転写および細胞死のコアクチベーターである

Research Resources

switches.ELMリソース:条件付き制御相互作用インターフェースの一覧

Perspectives

科学の酔っぱらいと街灯:がんの発見と治療に注がれる膨大な配列決定の努力

Protocols

cBioPortalを利用した複雑ながんゲノミクスと臨床プロファイルの統合解析

最新のResearch Article記事

2020年3月31日号

4-1BB共刺激は非標準的NF-κBシグナル伝達を介してCAR T細胞の生存を促進する

カルモジュリンはファルネシル化KRAS4bの脂質部分を隔離することでその細胞膜局在化を阻害する

Gタンパク質活性化の固有の有効性の低さにより新しいオピオイドアゴニストの改善された副作用プロファイルを説明できる

2020年3月24日号

ヒト代謝アトラス

非標準的STAT1はリン酸化によって転写活性がLPS誘導性IL-6およびIL-12p40産生の促進に拡大する