• ホーム
  • Rapgef2は神経細胞と内分泌細胞においてGPCRに媒介されるcAMPシグナルをERK活性化と結びつける

Rapgef2は神経細胞と内分泌細胞においてGPCRに媒介されるcAMPシグナルをERK活性化と結びつける

Rapgef2 Connects GPCR-Mediated cAMP Signals to ERK Activation in Neuronal and Endocrine Cells

Research Article

Sci. Signal., 25 June 2013
Vol. 6, Issue 281, p. ra51
[DOI: 10.1126/scisignal.2003993]

Andrew C. Emery1, Maribeth V. Eiden2, Tomris Mustafa1, and Lee E. Eiden1*

1 Section on Molecular Neuroscience, Laboratory of Cellular and Molecular Regulation, National Institute of Mental Health (NIMH) Intramural Research Program, Bethesda, MD 20892, USA.
2 Section on Directed Gene Transfer, Laboratory of Cellular and Molecular Regulation, NIMH Intramural Research Program, Bethesda, MD 20892, USA.

* Corresponding author. E-mail: eidenl@mail.nih.gov

要約:Gタンパク質(ヘテロ三量体グアニンヌクレオチド結合タンパク質)共役受容体(GPCR)に媒介されてセカンドメッセンジャーの環状アデノシン一リン酸(cAMP)が増加すると、マイトジェン活性化プロテインキナーゼ(MAPK)細胞外シグナル制御キナーゼ(ERK)が活性化される。この経路は、神経内分泌細胞では、Rap1とB-Rafを介してcAMP依存性の神経突起生成を引き起こす。われわれは、Rapグアニンヌクレオチド交換因子Rapgef2がcAMPアガロースアフィニティークロマトグラフィーによって初代ウシ神経内分泌細胞から濃縮されることと、cAMPによって特異的に溶出されることを見出した。ラット神経細胞株Neuroscreen-1(NS-1)を用いた機能欠失型実験とヒト胚性腎臓293T細胞を用いた機能獲得型実験によって、われわれは、神経細胞と内分泌細胞においてRapgef2がGPCRに依存したアデニル酸シクラーゼの活性化とcAMP濃度の上昇をERKの活性化に結びつけていることを示した。さらに、Rapgef2のノックダウンはcAMPとERKに依存した神経突起生成を阻害した。われわれのデータは、cAMPに媒介されるRapgef2の活性化が関与する経路と一致しており、この経路はその後、Rap1を刺激し、B-Raf、MEK、ERKの活性を亢進させる。

A. C. Emery, M. V. Eiden, T. Mustafa, L. E. Eiden, Rapgef2 Connects GPCR-Mediated cAMP Signals to ERK Activation in Neuronal and Endocrine Cells. Sci. Signal. 6, ra51 (2013).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2013年6月25日号

Editor's Choice

神経科学
カルシウムで樹状突起を剪定する

Research Article

一過性受容体電位チャネルはホスファチジルセリン露出を媒介するシグナル同時検出器として働く

Rapgef2は神経細胞と内分泌細胞においてGPCRに媒介されるcAMPシグナルをERK活性化と結びつける

Perspectives

プロコアグラント活性を誘導するCa2+応答における血小板TRPCチャネルの役割

最新のResearch Article記事

2020年3月31日号

4-1BB共刺激は非標準的NF-κBシグナル伝達を介してCAR T細胞の生存を促進する

カルモジュリンはファルネシル化KRAS4bの脂質部分を隔離することでその細胞膜局在化を阻害する

Gタンパク質活性化の固有の有効性の低さにより新しいオピオイドアゴニストの改善された副作用プロファイルを説明できる

2020年3月24日号

ヒト代謝アトラス

非標準的STAT1はリン酸化によって転写活性がLPS誘導性IL-6およびIL-12p40産生の促進に拡大する