• ホーム
  • 脂質−誘導毒性は内皮細胞による取り込みにVanin-1を必要とする血管新生マイクロ粒子の肝細胞による放出を刺激する

脂質−誘導毒性は内皮細胞による取り込みにVanin-1を必要とする血管新生マイクロ粒子の肝細胞による放出を刺激する

Lipid-Induced Toxicity Stimulates Hepatocytes to Release Angiogenic Microparticles That Require Vanin-1 for Uptake by Endothelial Cells

Research Article

Sci. Signal., 8 October 2013
Vol. 6, Issue 296, p. ra88
[DOI: 10.1126/scisignal.2004512]

Davide Povero1, Akiko Eguchi1, Ingrid R. Niesman2, Nektaria Andronikou3, Xavier de Mollerat du Jeu3, Anny Mulya4, Michael Berk4, Milos Lazic1, Samjana Thapaliya4, Maurizio Parola5, Hemal H. Patel6,2, and Ariel E. Feldstein1*

1 Department of Pediatrics, University of California, San Diego, La Jolla, CA 92093, USA.
2 Department of Anesthesiology, University of California, San Diego, La Jolla, CA 92093, USA.
3 Life Technologies, Carlsbad, CA 92008, USA.
4 Department of Cellular and Molecular Medicine, Lerner Research Institute, Cleveland Clinic, Cleveland, OH 44195, USA.
5 Department of Clinical and Biological Sciences, University of Torino, Torino 10123, Italy.
6 Veterans Affairs San Diego Healthcare System, San Diego, CA 92093, USA.

* Corresponding author. E-mail: afeldstein@ucsd.edu

要旨:血管新生は、肥満と関係する一般的な慢性肝疾患であるヒト脂肪性肝炎およびその実験モデルの鍵となる病理学的特徴である。われわれは、肝細胞が脂肪性肝炎のいくつかの型の肝臓で見られる脂質の蓄積を模倣する状況に応答して膜結合小胞の一種であるマイクロ粒子を生成し、そのマイクロ粒子が血管新生を促進することを示した。内皮細胞株に用いた場合、飽和遊離脂肪酸にさらされたマウス肝細胞やヒト肝細胞株の培養培地は、血管新生に必要な二過程である、細胞移動および管形成を誘導した。カスパーゼ3が阻害された肝細胞由来の培地や超遠心分離によりマイクロ粒子を除去した培地は、血管新生を促進する活性を欠いていた。単離された肝細胞由来のマイクロ粒子はin vitroで内皮細胞の細胞移動および管形成を、マウスで血管新生を誘導し、それらはマイクロ粒子の細胞内移行に依存する過程であった。マイクロ粒子の細胞内移行は、マイクロ粒子上に豊富にある表面タンパク質である、表面酵素Vanin-1(VNN1)と内皮細胞の脂質ラフト領域の相互作用を必要とした。肝細胞由来マイクロ粒子は、食餌で誘導された脂肪性肝炎を罹患するマウスの血液中に多く見られ、マイクロ粒子の量と重症度は相関した。カスパーゼ3の遺伝学的除去やVNN1を標的とするRNA干渉は、マウスを脂肪性肝炎が誘導する肝臓における病的血管新生から保護し、マイクロ粒子の血管新生促進作用を失わせる結果となった。われわれのデータは、肝細胞由来のマイクロ粒子を脂肪性肝炎における血管新生および肝臓損傷に寄与する危険シグナルとして同定し、この症状の治療標的となることを示唆した。

D. Povero, A. Eguchi, I. R. Niesman, N. Andronikou, X. de Mollerat du Jeu, A. Mulya, M. Berk, M. Lazic, S. Thapaliya, M. Parola, H. H. Patel, A. E. Feldstein, Lipid-Induced Toxicity Stimulates Hepatocytes to Release Angiogenic Microparticles That Require Vanin-1 for Uptake by Endothelial Cells. Sci. Signal. 6, ra88 (2013).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2013年10月8日号

Editor's Choice

医学
インフラマソームと移植

Research Article

脂質−誘導毒性は内皮細胞による取り込みにVanin-1を必要とする血管新生マイクロ粒子の肝細胞による放出を刺激する

ヘテロマーのMT1/MT2メラトニン受容体が光受容体の機能を調節する

Reviews

Hippoが重要性を増す:経路調節に新たな洞察と複雑さが加わった

最新のResearch Article記事

2020年3月31日号

4-1BB共刺激は非標準的NF-κBシグナル伝達を介してCAR T細胞の生存を促進する

カルモジュリンはファルネシル化KRAS4bの脂質部分を隔離することでその細胞膜局在化を阻害する

Gタンパク質活性化の固有の有効性の低さにより新しいオピオイドアゴニストの改善された副作用プロファイルを説明できる

2020年3月24日号

ヒト代謝アトラス

非標準的STAT1はリン酸化によって転写活性がLPS誘導性IL-6およびIL-12p40産生の促進に拡大する