• ホーム
  • Hippoが重要性を増す:経路調節に新たな洞察と複雑さが加わった

Hippoが重要性を増す:経路調節に新たな洞察と複雑さが加わった

Hippo Gains Weight: Added Insights and Complexity to Pathway Control

Reviews

Sci. Signal., 8 October 2013
Vol. 6, Issue 296, p. re7
[DOI: 10.1126/scisignal.2004208]

Leonie Enderle1,2 and Helen McNeill2,3*

1 Biozentrum, University of Basel, 4056 Basel, Switzerland.
2 Lunenfeld-Tanenbaum Research Institute, Mount Sinai Hospital, Toronto, Ontario M5G 1X5, Canada.
3 Department of Molecular Genetics, University of Toronto, Toronto, Ontario M5S 1A8, Canada.

* Corresponding author. E-mail: mcneill@lunenfeld.ca

要約:Hippo経路は、Hippo、Salvador、Warts、Matsで構成され、Yorkieの細胞内分布と転写活性を調節するキナーゼカスケードである。Yorkieは、アポトーシスを阻害して細胞増殖を駆動する遺伝子の発現を促進する転写共役因子である。われわれは、Hippo経路の活性が細胞間接合部、細胞接着分子、足場タンパク質、細胞骨格タンパク質のほか、頂端部‐基底部の極性や細胞外張力といった調節因子によっても調節されることを示す最近の研究をレビューする。

L. Enderle, H. McNeill, Hippo Gains Weight: Added Insights and Complexity to Pathway Control. Sci. Signal. 6, re7 (2013).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2013年10月8日号

Editor's Choice

医学
インフラマソームと移植

Research Article

脂質−誘導毒性は内皮細胞による取り込みにVanin-1を必要とする血管新生マイクロ粒子の肝細胞による放出を刺激する

ヘテロマーのMT1/MT2メラトニン受容体が光受容体の機能を調節する

Reviews

Hippoが重要性を増す:経路調節に新たな洞察と複雑さが加わった

最新のReviews記事

2020年3月24日号

生死不問のおたずね者RAS:RAS変異がん標的治療の進展

2020年2月18日号

慢性炎症性疾患の治療薬としてのSMAC模倣薬およびRIPK阻害剤

2020年1月7日号

コンテキスト特異的PI3Kシグナル伝達コードを解く

2019年9月17日号

細胞内病原体による宿主細胞受容体チロシンキナーゼの標的化

2019年8月13日号

偽酵素の分類、進化、およびシグナル伝達の新しい概念