• ホーム
  • C末端SH3ドメインはVavファミリータンパク質の分子内阻害に寄与する

C末端SH3ドメインはVavファミリータンパク質の分子内阻害に寄与する

The C-Terminal SH3 Domain Contributes to the Intramolecular Inhibition of Vav Family Proteins

Research Article

Sci. Signal., 15 April 2014
Vol. 7, Issue 321, p. ra35
[DOI: 10.1126/scisignal.2004993]

María Barreira1,2, Salvatore Fabbiano1,2*, José R. Couceiro1,2*, Eva Torreira3, Jorge L. Martínez-Torrecuadrada4, Guillermo Montoya5, Oscar Llorca3, and Xosé R. Bustelo1,2†

1 Centro de Investigación del Cáncer, Campus Unamuno, E37007 Salamanca, Spain.
2 Instituto de Biología Molecular y Celular del Cáncer, Consejo Superior de Investigaciones Científicas (CSIC)–University of Salamanca, Campus Unamuno, E37007 Salamanca, Spain.
3 Centro de Investigaciones Biológicas, CSIC, 9 Ramiro de Maeztu Street, E28040 Madrid, Spain.
4 Biotechnology Programme, Centro Nacional de Investigaciones Oncológicas, 3 Melchor Fernández Almagro Street, E28029 Madrid, Spain.
5 Structural Biology and Biocomputing Programme, Centro Nacional de Investigaciones Oncológicas, E28029 Madrid, Spain.

* These authors contributed equally to this work.

† Corresponding author. E-mail: xbustelo@usal.es

要約:Vavタンパク質は、リン酸化依存性グアニンヌクレオチド交換因子(GEF)であり、Rhoファミリーメンバーのグアノシントリホスファターゼ(GTPase)の活性化を触媒する。現在の制御モデルでは、これらのGEFのリン酸化されていない触媒不活性な状態は、アミノ末端ドメインと中心の触媒コアの間の分子内相互作用により維持され、これがGTPaseに対するVavタンパク質の結合を遮断すると考えられている。われわれは、この自己阻害が機構的により複雑で、Vavのカルボキシル末端Src相同3(SH3)領域と、触媒ドメインおよびプレクストリン相同(PH)ドメインとの二価性の会合も伴うことを示した。そのような相互作用は、プロリンリッチ領域には依存しない機構を通して生じた。この二重にロックされた状態から完全に解放されるには、複数のリン酸化チロシン残基からの相乗的な減弱効果が必要であったことから、上流のシグナル伝達インプットにしたがってVav GEF活性の勾配を生じさせる最適化されたシステムが得られた。この機構が哺乳類とキイロショウジョウバエ(Drosophila melanogaster)のVavタンパク質に共通していることから、このタンパク質ファミリーによくみられる制御特性かもしれないことが示唆される。

M. Barreira, S. Fabbiano, J. R. Couceiro, E. Torreira, J. L. Martínez-Torrecuadrada, G. Montoya, O. Llorca, X. R. Bustelo, The C-Terminal SH3 Domain Contributes to the Intramolecular Inhibition of Vav Family Proteins. Sci. Signal. 7, ra35 (2014).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2014年4月15日号

Editor's Choice

免疫学
T細胞が脳を傷つける

Research Article

C末端SH3ドメインはVavファミリータンパク質の分子内阻害に寄与する

BAALCイントロン内のmiR-3151はTP53経路の制御を解除することにより白血病を誘発する

最新のResearch Article記事

2018年5月1日号

核内PTENはマイクロRNAレギュロンの成熟を促進し、敗血症のMyD88依存的感受性を制限する

VEGF-ニューロピリン-2シグナル伝達はRac GAP β2-キメリンのTAZ媒介性抑制によって乳がん細胞における幹様形質を促進する

IKKαとLC3の相互作用がTLR9含有LAPosomeを介してI型インターフェロン産生を促進する

モノラウリン酸グリセロールはLATとSLP-76ミクロクラスターとの結合を遮断することにより糸状仮足の形成を誘導する

2018年4月24日号

マイトファジーはパーキン依存性UCP1非依存性の機構を介してベージュ脂肪細胞維持を制御する