• ホーム
  • 酸化還元酵素PDIA6とマイクロRNA-322の相互作用が小胞体のカルシウム恒常性の崩壊に対する応答を調節する

酸化還元酵素PDIA6とマイクロRNA-322の相互作用が小胞体のカルシウム恒常性の崩壊に対する応答を調節する

Interplay Between the Oxidoreductase PDIA6 and microRNA-322 Controls the Response to Disrupted Endoplasmic Reticulum Calcium Homeostasis

Research Article

Sci. Signal., 10 June 2014
Vol. 7, Issue 329, p. ra54
[DOI: 10.1126/scisignal.2004983]

Jody Groenendyk1, Zhenling Peng2, Elzbieta Dudek1, Xiao Fan2, Marcin J. Mizianty2, Estefanie Dufey3,4, Hery Urra3,4, Denisse Sepulveda3,4, Diego Rojas-Rivera3,4, Yunki Lim5, Do Han Kim5, Kayla Baretta1, Sonal Srikanth6, Yousang Gwack6, Joohong Ahnn7, Randal J. Kaufman8, Sun-Kyung Lee7, Claudio Hetz3,4,9, Lukasz Kurgan2, and Marek Michalak1*

1 Department of Biochemistry, University of Alberta, Edmonton, Alberta T6G 2S7, Canada.
2 Department of Electrical and Computer Engineering, University of Alberta, Edmonton, Alberta T6G 2V4, Canada.
3 Biomedical Neuroscience Institute, Faculty of Medicine, University of Chile, Santiago, Chile.
4 Program of Cellular and Molecular Biology, Institute of Biomedical Sciences, University of Chile, Santiago, Chile.
5 College of Life Sciences, Gwangju Institute of Science and Technology (GIST), Gwangju 500-712, Korea.
6 Department of Physiology, University of California, Los Angeles, Los Angeles, CA 90095, USA.
7 Department of Life Science, BK21 PLUS Life Science for BDR team, The Research Institute of Natural Sciences, Hanyang University, Seoul 133-791, Korea.
8 Degenerative Disease Research Program, Center for Neuroscience, Aging, and Stem Cell Research, Cancer Center, Sanford Burnham Medical Research Institute, La Jolla, CA 92037, USA.
9 Neurounion Biomedical Foundation, Santiago, Chile.

* Corresponding author. E-mail: marek.michalak@ualberta.ca

要約:エネルギーまたは栄養のバランスが崩壊すると、小胞体ストレスと呼ばれる過程が引き起こされ、この過程が小胞体ストレス応答(unfolded protein response:UPR)と総称される多様な戦略を起動させ、それによって小胞体と細胞の恒常性が回復される。UPRのストレスセンサーであるIRE1α(inositol-requiring enzyme 1α、イノシトール要求酵素1α)が活性化すると、IRE1αのエンドリボヌクレアーゼ活性が亢進され、転写因子XBP1(X-box binding protein 1、X-box結合タンパク質1)をコードするmRNAの生成につながり、転写因子XBP1は、タンパク質の品質とフォールディングの調節に関与する因子をコードする遺伝子の転写を制御する。われわれは、IRE1αの活性が、小胞体Ca2+恒常性の崩壊に応答した小胞体の酸化還元酵素PDIA6(protein disulfide isomerase A6、タンパク質ジスルフィド異性化酵素A6)とマイクロRNA miR-322によって制御されていることを見出した。IRE1αのリン酸化とXBP1のmRNAスプライシングによってモニタリングしたところ、PDIA6は、IRE1αと相互作用してIRE1αの活性を亢進させたが、小胞体ストレスに対する応答を調節する他の経路の活性にはほとんど影響しなかった。小胞体Ca2+が欠乏してストア作動性Ca2+流入が活性化されると、マイクロRNA miR-322の量が減少し、PDIA6 mRNAの安定性が高まり、結果的に、小胞体ストレス応答中のIRE1α活性も高まった。マウスと線虫を用いたin vivoの実験では、小胞体ストレスの誘導はmiR-322量の減少とPDIA6 mRNA量の増加のいずれか一方または両方と関連することが示された。まとめると、今回の知見は、小胞体Ca2+、PDIA6、IRE1α、およびmiR-322が、小胞体Ca2+恒常性の崩壊した条件下で小胞体ストレス応答を調節する動的なフィードバックループで機能することを実証した。

J. Groenendyk, Z. Peng, E. Dudek, X. Fan, M. J. Mizianty, E. Dufey, H. Urra, D. Sepulveda, D. Rojas-Rivera, Y. Lim, D. H. Kim, K. Baretta, S. Srikanth, Y. Gwack, J. Ahnn, R. J. Kaufman, S.-K. Lee, C. Hetz, L. Kurgan, M. Michalak, Interplay Between the Oxidoreductase PDIA6 and microRNA-322 Controls the Response to Disrupted Endoplasmic Reticulum Calcium Homeostasis. Sci. Signal. 7, ra54 (2014).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2014年6月10日号

Editor's Choice

神経科学
GlyRに火がつく

Research Article

酸化還元酵素PDIA6とマイクロRNA-322の相互作用が小胞体のカルシウム恒常性の崩壊に対する応答を調節する

T細胞におけるmTORシグナル伝達のT細胞受容体依存的活性化はCarma1およびMALT1により媒介されるが、Bcl10には媒介されない

Memoは銅依存性レドックスタンパク質であり、移動と転移に必須の役割を持つ

最新のResearch Article記事

2018年5月1日号

核内PTENはマイクロRNAレギュロンの成熟を促進し、敗血症のMyD88依存的感受性を制限する

VEGF-ニューロピリン-2シグナル伝達はRac GAP β2-キメリンのTAZ媒介性抑制によって乳がん細胞における幹様形質を促進する

IKKαとLC3の相互作用がTLR9含有LAPosomeを介してI型インターフェロン産生を促進する

モノラウリン酸グリセロールはLATとSLP-76ミクロクラスターとの結合を遮断することにより糸状仮足の形成を誘導する

2018年4月24日号

マイトファジーはパーキン依存性UCP1非依存性の機構を介してベージュ脂肪細胞維持を制御する