• ホーム
  • Memoは銅依存性レドックスタンパク質であり、移動と転移に必須の役割を持つ

Memoは銅依存性レドックスタンパク質であり、移動と転移に必須の役割を持つ

Memo Is a Copper-Dependent Redox Protein with an Essential Role in Migration and Metastasis

Research Article

Sci. Signal., 10 June 2014
Vol. 7, Issue 329, p. ra56
[DOI: 10.1126/scisignal.2004870]

Gwen MacDonald1*, Ivan Nalvarte1*†, Tatiana Smirnova1, Manuela Vecchi2,3, Nicola Aceto1,4‡, Arno Dolemeyer5, Anna Frei1,4, Susanne Lienhard1, Jeffrey Wyckoff, Daniel Hess1, Jan Seebacher1, Jeremy J. Keusch1, Heinz Gut1, Daniele Salaun6, Giovanni Mazzarol7, Davide Disalvatore8, Mohamed Bentires-Alj1, Pier Paolo Di Fiore2,3,9, Ali Badache6, and Nancy E. Hynes1,4||

1 Friedrich Miescher Institute for Biomedical Research, Basel 4058, Switzerland.
2 IFOM, Fondazione Istituto FIRC di Oncologia Molecolare, Milan 20139, Italy.
3 Molecular Medicine Program, Department of Experimental Oncology, European Institute of Oncology, Milan 20141, Italy.
4 University of Basel, Basel 4002, Switzerland.
5 Novartis Institutes for BioMedical Research, Basel 4057, Switzerland.
6 Centre de Recherche en Cancérologie de Marseille, Inserm (U1068), Institut Paoli-Calmettes, Aix-Marseille Université, Centre National de la Recherche Scientifique (UMR7258), Marseille 13009, France.
7 Division of Pathology and Laboratory Medicine, European Institute of Oncology, Milan 20141, Italy.
8 Division of Epidemiology and Biostatistics, European Institute of Oncology, Milan 20141, Italy.
9 Dipartimento di Scienze della Salute, Università degli Studi di Milano, Milan 20122, Italy.

* These authors contributed equally to this work.

† Present address: Department of Biosciences and Nutrition, Karolinska Institute, 14183 Huddinge, Sweden.

‡ Present address: Massachusetts General Hospital Cancer Center, Harvard Medical School, Boston, MA 02129, USA.

§ Present address: Koch Institute for Integrated Cancer Research, Massachusetts Institute of Technology, 500 Main Street, Cambridge, MA 02138, USA.

|| Corresponding author. E-mail: nancy.hynes@fmi.ch

要約:Memoは進化的に保存されたタンパク質であり、細胞の運動性に重要な役割を有する。われわれは、Memoがin vitroでの乳がん細胞の遊走と浸潤、in vivoでの乳がん細胞異種移植片からの自発性の肺転移に必要であることを見出した。生化学アッセイから、Memoが銅依存性酸化還元酵素であり、より酸化的な細胞内環境を促進し、遊走に関与する細胞構造において活性酸素種(ROS)の産生を刺激することが明らかになった。Memoは、NADPH(還元型ニコチンアミドアデニンジヌクレオチドリン酸)オキシダーゼ1(NOX1)によるROS O2–の持続的な産生にも必要であった。Memoの存在量は、調べた原発性乳房腫瘍の40%超で増加しており、高侵襲性疾患の臨床パラメーターと相関し、早期遠隔転移の独立した予後因子であった。

G. MacDonald, I. Nalvarte, T. Smirnova, M. Vecchi, N. Aceto, A. Dolemeyer, A. Frei, S. Lienhard, J. Wyckoff, D. Hess, J. Seebacher, J. J. Keusch, H. Gut, D. Salaun, G. Mazzarol, D. Disalvatore, M. Bentires-Alj, P. P. Di Fiore, A. Badache, N. E. Hynes, Memo Is a Copper-Dependent Redox Protein with an Essential Role in Migration and Metastasis. Sci. Signal. 7, ra56 (2014).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2014年6月10日号

Editor's Choice

神経科学
GlyRに火がつく

Research Article

酸化還元酵素PDIA6とマイクロRNA-322の相互作用が小胞体のカルシウム恒常性の崩壊に対する応答を調節する

T細胞におけるmTORシグナル伝達のT細胞受容体依存的活性化はCarma1およびMALT1により媒介されるが、Bcl10には媒介されない

Memoは銅依存性レドックスタンパク質であり、移動と転移に必須の役割を持つ

最新のResearch Article記事

2018年5月1日号

核内PTENはマイクロRNAレギュロンの成熟を促進し、敗血症のMyD88依存的感受性を制限する

VEGF-ニューロピリン-2シグナル伝達はRac GAP β2-キメリンのTAZ媒介性抑制によって乳がん細胞における幹様形質を促進する

IKKαとLC3の相互作用がTLR9含有LAPosomeを介してI型インターフェロン産生を促進する

モノラウリン酸グリセロールはLATとSLP-76ミクロクラスターとの結合を遮断することにより糸状仮足の形成を誘導する

2018年4月24日号

マイトファジーはパーキン依存性UCP1非依存性の機構を介してベージュ脂肪細胞維持を制御する