• ホーム
  • ヘッジホッグ受容体シグナル伝達における繊毛輸送の役割

ヘッジホッグ受容体シグナル伝達における繊毛輸送の役割

The role of ciliary trafficking in Hedgehog receptor signaling

Research Article

Sci. Signal., 2 June 2015
Vol. 8, Issue 379, p. ra55
DOI: 10.1126/scisignal.aaa5622

Jynho Kim1,2, Elaine Y. C. Hsia3, Amira Brigui4, Anne Plessis4, Philip A. Beachy1,2,*, and Xiaoyan Zheng1,3,*

1 Departments of Biochemistry and Developmental Biology, Institute for Stem Cell Biology and Regenerative Medicine, Stanford University School of Medicine, Stanford, CA 94305, USA.
2 Howard Hughes Medical Institute, Stanford University School of Medicine, Stanford, CA 94305, USA.
3 Department of Anatomy and Regenerative Biology, George Washington University School of Medicine and Health Sciences, Washington, DC 20037, USA.
4 Institut Jacques Monod, CNRS, UMR 7592, Université Paris Diderot, Sorbonne Paris Cité, F-75205 Paris, France.

* Corresponding author. E-mail: pbeachy@stanford.edu (P.A.B.); xzheng@gwu.edu (X.Z.)

要約  一次繊毛の生合成または一次繊毛を介した輸送の異常は、ヘッジホッグタンパク質シグナル伝達に影響を及ぼし、多くのヘッジホッグ経路成分は繊毛を介して行き来するか、繊毛内に蓄積する。ヘッジホッグ受容体Patchedは、ヘッジホッグシグナル伝達に必須の7回膜貫通タンパク質Smoothenedの活性および繊毛蓄積を負に調節する。われわれは、このSmoothenedの負の調節には、Patchedの細胞質尾部または異種繊毛局在化シグナルの提示によって規定されるPatchedの繊毛局在化が必要であることを明らかにした。ヘッジホッグ結合が繊毛からのPatchedの排出を促進することを考えると驚くべきことであるが、繊毛内にとどまっている変形Patchedがヘッジホッグに反応し、その結果、Smoothenedの活性化が生じた。本研究の結果から、Patchedの繊毛局在化はSmoothened活性化の抑制に必須である一方、Smoothened活性化を可能にする初期事象はヘッジホッグとPatchedの結合であり、繊毛からのPatchedの除去は二次的な事象であることが明らかになった。

J. Kim, E. Y. C. Hsia, A. Brigui, A. Plessis, P. A. Beachy, and X. Zheng, The role of ciliary trafficking in Hedgehog receptor signaling. Sci. Signal. 8, ra55 (2015).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2015年6月2日号

Editor's Choice

概日リズム
翻訳にリズムを与える

Research Article

3種の抗体の併用は肺がんにおけるフィードバックを介したエルロチニブ耐性を消失させる

足場タンパク質RACK1は破骨細胞前駆細胞においてRANKL依存性のp38 MAPK活性化を仲介する

ヘッジホッグ受容体シグナル伝達における繊毛輸送の役割

最新のResearch Article記事

2018年5月1日号

核内PTENはマイクロRNAレギュロンの成熟を促進し、敗血症のMyD88依存的感受性を制限する

VEGF-ニューロピリン-2シグナル伝達はRac GAP β2-キメリンのTAZ媒介性抑制によって乳がん細胞における幹様形質を促進する

IKKαとLC3の相互作用がTLR9含有LAPosomeを介してI型インターフェロン産生を促進する

モノラウリン酸グリセロールはLATとSLP-76ミクロクラスターとの結合を遮断することにより糸状仮足の形成を誘導する

2018年4月24日号

マイトファジーはパーキン依存性UCP1非依存性の機構を介してベージュ脂肪細胞維持を制御する