• ホーム
  • Gタンパク質αサブユニットバリアントXLαsはイノシトール1,4,5-三リン酸シグナル伝達を促進しin vivoで副甲状腺ホルモンの腎作用を仲介する

Gタンパク質αサブユニットバリアントXLαsはイノシトール1,4,5-三リン酸シグナル伝達を促進しin vivoで副甲状腺ホルモンの腎作用を仲介する

The G protein α subunit variant XLαs promotes inositol 1,4,5-trisphosphate signaling and mediates the renal actions of parathyroid hormone in vivo

Research Article

Sci. Signal. 25 Aug 2015:
Vol. 8, Issue 391, pp. ra84
DOI: 10.1126/scisignal.aaa9953

Qing He,1 Yan Zhu,1 Braden A. Corbin,1 Antonius Plagge,2 Murat Bastepe1 *

1 Endocrine Unit, Department of Medicine, Massachusetts General Hospital and Harvard Medical School, Boston, MA 02114, USA.
2 Department of Cellular and Molecular Physiology, Institute of Translational Medicine University of Liverpool, Liverpool L69 3BX, UK.

* Corresponding author. E-mail: bastepe@helix.mgh.harvard.edu

要約  刺激性Gタンパク質(ヘテロ三量体グアニンヌクレオチド結合タンパク質)αサブユニット(Gαs)をコードするGNASは、エクストララージαサブユニット(XLαs)と呼ばれるGαsのラージバリアントもコードし、XLαsの存在量または活性の変化は、さまざまなヒト疾患に関与している。XLαsは、Gαsと同様に、セカンドメッセンジャーであるサイクリックアデノシン一リン酸(cAMP)の産生を刺激するが、XLαsとGαsは、in vivoでは拮抗する作用をもつことを示唆する報告がある。われわれは、副甲状腺ホルモン(PTH)によるシグナル伝達を仲介するXLαsの役割を検討した。PTHは、腎近位尿細管においてGαsとGαq/11の両方を刺激するGタンパク質共役受容体(GPCR)を活性化させ、リン酸とビタミンDの恒常性を維持する。XLαsノックアウト(XLKO)マウスでは、生後2日目(P2)に、高リン血症、低カルシウム血症、PTHおよび1,25-ジヒドロキシビタミンDの血清濃度上昇が認められた。血清リン酸濃度を低下させるPTHの能力が阻害され、XLKOマウスでは、腎刷子縁膜におけるナトリウムリン酸共輸送体Npt2aの存在量が減少した一方、PTH誘導性のcAMP尿中排泄がわずかに増加した。XLKOマウスの腎近位尿細管においては、Gαq/11シグナル伝達によって産生されるセカンドメッセンジャーであるイノシトール1,4,5-三リン酸(IP3)の、基礎産生とPTH刺激による産生が抑制された。XLKOマウスを、腎近位尿細管に特異的にXLαsを過剰発現するマウスと交配させると、XLKOマウスの表現型がレスキューされた。HEK 293細胞にXLαsを過剰発現させると、未刺激細胞と、PTHによって刺激した細胞、Gq/11共役受容体を介して作用するトロンビンによって刺激した細胞において、IP3産生が増強された。総合すると、われわれの結果から、XLαsはGq/11シグナル伝達を増強し、生後早期の発達におけるPTHの腎作用を仲介することが示唆される。

Citation: Q. He, Y. Zhu, B. A. Corbin, A. Plagge, M. Bastepe, The G protein α subunit variant XLαs promotes inositol 1,4,5-trisphosphate signaling and mediates the renal actions of parathyroid hormone in vivo. Sci. Signal. 8, ra84 (2015).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2015年8月25日号

Editor's Choice

がん
AIM2の目的はがん予防

Research Article

Gタンパク質αサブユニットバリアントXLαsはイノシトール1,4,5-三リン酸シグナル伝達を促進しin vivoで副甲状腺ホルモンの腎作用を仲介する

RelB/p52を介したNF-κBシグナル伝達は、ヒストンアセチル化を変化させ、ヒト胎盤における副腎皮質刺激ホルモン放出ホルモン存在量を増加させる

細胞外シグナル調節キナーゼ5が細胞性および全身性の急性炎症を促進する

最新のResearch Article記事

2018年5月1日号

核内PTENはマイクロRNAレギュロンの成熟を促進し、敗血症のMyD88依存的感受性を制限する

VEGF-ニューロピリン-2シグナル伝達はRac GAP β2-キメリンのTAZ媒介性抑制によって乳がん細胞における幹様形質を促進する

IKKαとLC3の相互作用がTLR9含有LAPosomeを介してI型インターフェロン産生を促進する

モノラウリン酸グリセロールはLATとSLP-76ミクロクラスターとの結合を遮断することにより糸状仮足の形成を誘導する

2018年4月24日号

マイトファジーはパーキン依存性UCP1非依存性の機構を介してベージュ脂肪細胞維持を制御する