• ホーム
  • 胸腺細胞の発生およびT細胞の恒常性におけるCavβ2およびCav1チャネルの不可欠な役割

胸腺細胞の発生およびT細胞の恒常性におけるCavβ2およびCav1チャネルの不可欠な役割

Essential roles for Cavβ2 and Cav1 channels in thymocyte development and T cell homeostasis

Research Article

Sci. Signal. 20 Oct 2015:
Vol. 8, Issue 399, pp. ra103
DOI: 10.1126/scisignal.aac7538

Archana Jha1,*, Ashish K. Singh1,*, Petra Weissgerber2, Marc Freichel3, Veit Flockerzi2, Richard A. Flavell4, and Mithilesh K. Jha1,†

1 Trudeau Institute, Saranac Lake, NY 12983, USA.
2 Institute of Experimental and Clinical Pharmacology and Toxicology, Saarland University, 66421 Homburg, Germany.
3 Department of Pharmacology, Heidelberg University, Im Neuenheimer Feld 366, 69120 Heidelberg, Germany.
4 Howard Hughes Medical Institute, Department of Immunobiology, Yale University School of Medicine, New Haven, CT 06520, USA.

† Corresponding author. E-mail: mkjha98@gmail.com

* These authors contributed equally to this work.

要約  カルシウムイオン(Ca2+)は、胸腺におけるT細胞の発生分化を含む多くのシグナル伝達過程に重要である。われわれは、胸腺細胞の電位依存性Ca2+(Cav)チャネルを構成するポア形成αサブユニットおよび調節βサブユニットに複数の種類があることを報告する。マウスにおいて、Cavチャネルのβ2調節サブユニットをコードする遺伝子(Cacnb2)のT細胞特異的欠失は、Cav1.2およびCav1.3チャネル(どちらもポア形成α1サブユニットを含む)の存在量を減少させ、T細胞の発生を損ない、それにより胸腺細胞および末梢T細胞数の大幅な減少を導いた。Cacnb2欠損の効果と同様に、ポア形成Cav1αサブユニットの薬理学的遮断は、T細胞受容体の刺激による胸腺細胞の持続的なCa2+流入を減少させ、転写因子NFATc3の存在量を減少させ、in vitroで胸腺細胞の増殖を阻害し、マウスにおいてリンパ球減少を引き起こした。まとめると、われわれのデータは、Cav1チャネルがT細胞の発生に必要とされる持続性Ca2+流入のための導管であることを示唆している。

Citation: A. Jha, A. K. Singh, P. Weissgerber, M. Freichel, V. Flockerzi, R. A. Flavell, M. K. Jha, Essential roles for Cavβ2 and Cav1 channels in thymocyte development and T cell homeostasis. Sci. Signal. 8, ra103 (2015).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2015年10月20日号

Editor's Choice

神経科学
共感を理解する

Research Article

胸腺細胞の発生およびT細胞の恒常性におけるCavβ2およびCav1チャネルの不可欠な役割

HIV感染者の免疫応答におけるサイトカイン・ケモカインネットワークのCD4+ T細胞依存性およびCD4+ T細胞非依存性の変化

機械的感知の異常とコフィリンの活性化がマウスの上行大動脈瘤の進行を促進する

Reviews

状況依存性がTGFβスーパーファミリーのシグナル伝達の将来の研究を導く

最新のResearch Article記事

2018年5月1日号

核内PTENはマイクロRNAレギュロンの成熟を促進し、敗血症のMyD88依存的感受性を制限する

VEGF-ニューロピリン-2シグナル伝達はRac GAP β2-キメリンのTAZ媒介性抑制によって乳がん細胞における幹様形質を促進する

IKKαとLC3の相互作用がTLR9含有LAPosomeを介してI型インターフェロン産生を促進する

モノラウリン酸グリセロールはLATとSLP-76ミクロクラスターとの結合を遮断することにより糸状仮足の形成を誘導する

2018年4月24日号

マイトファジーはパーキン依存性UCP1非依存性の機構を介してベージュ脂肪細胞維持を制御する