• ホーム
  • ABLキナーゼはTAZおよびSTAT5シグナル伝達を介して腫瘍と骨の相互作用を調節することによって乳がんの骨溶解性転移を促進する

ABLキナーゼはTAZおよびSTAT5シグナル伝達を介して腫瘍と骨の相互作用を調節することによって乳がんの骨溶解性転移を促進する

ABL kinases promote breast cancer osteolytic metastasis by modulating tumor-bone interactions through TAZ and STAT5 signaling

Research Article

Sci. Signal. 02 Feb 2016:
Vol. 9, Issue 413, pp. ra12
DOI: 10.1126/scisignal.aad3210

Jun Wang1, Clay Rouse2, Jeff S. Jasper1, and Ann Marie Pendergast1,*

1 Department of Pharmacology and Cancer Biology, Duke University School of Medicine, Durham, NC 27710, USA.
2 Division of Laboratory Animal Resources, Duke University School of Medicine, Durham, NC 27710, USA.

* Corresponding author. E-mail: ann.pendergast@duke.edu

要約  骨転移は、進行性乳がんの実に70%で発生する。乳がん患者では、骨転移はもっぱら骨溶解性である。骨溶解性骨転移の過程には骨を破壊する破骨細胞の活性化が必要であり、骨微小環境における腫瘍細胞と間質細胞の相互作用がこの過程を促進する。本稿では、ABLキナーゼが腫瘍細胞と骨微小環境のクロストークを調節することによって乳がん細胞の骨への転移を促進したことを報告する。ABLキナーゼは、TRAIL(TNF関連アポトーシス誘導リガンド)によって誘導されるアポトーシスから腫瘍細胞を保護し、転写因子STAT5を活性化し、破骨細胞活性化因子であるインターロイキン6(IL-6)とマトリックスメタロプロテアーゼ1(MMP1)をコードする遺伝子のSTAT5依存的発現を介して骨溶解を促進した。さらに、乳がん細胞においてABLキナーゼは、Hippoシグナル経路調節因子TAZの存在量と、骨転移を促進させるTAZ依存性標的遺伝子の発現量を増加させた。マウスでは、ABLキナーゼのノックダウンまたはABL特異的アロステリック阻害薬による処理によって、乳がん細胞の骨溶解性転移は低下した。これらの知見は、腫瘍と骨の相互作用の調節におけるABLの役割を明らかにし、乳がんの骨転移を制限する目的でABL特異的阻害薬を使用する理論的根拠を与えている。

Citation: J. Wang, C. Rouse, J. S. Jasper, A. M. Pendergast, ABL kinases promote breast cancer osteolytic metastasis by modulating tumor-bone interactions through TAZ and STAT5 signaling. Sci. Signal. 9, ra12 (2016).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2016年2月2日号

Editor's Choice

毒性のTRPA1活性がミエリンを分解する

Research Article

ABLキナーゼはTAZおよびSTAT5シグナル伝達を介して腫瘍と骨の相互作用を調節することによって乳がんの骨溶解性転移を促進する

MEK/ERKモジュールを介する状況特異的なフローがERK単一および二重リン酸化の細胞およびリガンド特異的なパターンを生み出す

adhesion型GPCR BAI1はマクロファージのROS産生およびグラム陰性菌に対する殺菌活性を媒介する

最新のResearch Article記事

2020年5月19日号

細胞外マトリックスタンパク質TasAは枯草菌(Bacillus subtilis)バイオフィルム内の運動性亜集団を維持する発生シグナルである

プロテインキナーゼAによる制御ネットワークは短命および長命の細胞記憶をコードする

2020年5月12日号

死を誘導するRIPK1活性はpH環境によって調整される

CD2シグナル伝達のホスホプロテオミクスは細胞傷害性T細胞における溶解顆粒極性化のAMPK依存性調節を明らかにする

2020年5月5日号

脊髄内のHsp90を阻害するとERK-RSK経路が活性化されることによってモルヒネの抗侵害受容作用が促進される