• ホーム
  • adhesion型GPCR BAI1はマクロファージのROS産生およびグラム陰性菌に対する殺菌活性を媒介する

adhesion型GPCR BAI1はマクロファージのROS産生およびグラム陰性菌に対する殺菌活性を媒介する

The adhesion GPCR BAI1 mediates macrophage ROS production and microbicidal activity against Gram-negative bacteria

Research Article

Sci. Signal. 02 Feb 2016:
Vol. 9, Issue 413, pp. ra14
DOI: 10.1126/scisignal.aac6250

Emily A. Billings1, Chang Sup Lee1, Katherine A. Owen2, Ryan S. D’Souza2, Kodi S. Ravichandran1, and James E. Casanova1,2,*

1 Department of Microbiology, Immunology, and Cancer Biology, University of Virginia, Charlottesville, VA 22908, USA.
2 Department of Cell Biology, University of Virginia, Charlottesville, VA 22908, USA.

* Corresponding author. E-mail: jec9e@virginia.edu

要約  微生物の検出および自然免疫応答の開始は、炎症性サイトカインの産生および細胞性殺菌機構の活性化に重要なパターン認識受容体(PRR)を介して起こる。特に、NADPHオキシダーゼ複合体による活性酸素種(ROS)の産生は、マクロファージの殺菌機構の重要な構成要素である。われわれはこれまでに、マクロファージによるグラム陰性細菌の選択的な食作用取り込みを媒介するPRRとして、Gタンパク質(ヘテロ三量体グアニンヌクレオチド結合タンパク質)共役型受容体(GPCR)のadhesionファミリーメンバーである、脳特異的血管新生阻害剤1(BAI1)を明らかにした。われわれは、BAI1が、NADPHオキシダーゼ活性を刺激するRhoファミリーグアノシントリホスファターゼ(GTPアーゼ)Rac1の活性化を介してファゴソームのROS産生を促進することを示した。初代BAI1欠損マクロファージでは、RACのGTPアーゼ活性が弱まり、いくつかのグラム陰性菌に応答したROS産生が減少し、結果として殺菌活性が損なわれていた。さらに、腹膜感染モデルでは、BAI1欠損マウスは、細菌クリアランスの欠損により、細菌暴露による死に対する感受性が増加していた。まとめると、これらの知見は、BAI1が、食作用およびNADPHオキシダーゼの活性化の両方を刺激することにより、グラム陰性菌のクリアランスを媒介し、それにより細菌検出を細胞性殺菌機構に共役させることを示唆している。

Citation: E. A. Billings, C. S. Lee, K. A. Owen, R. S. D'Souza, K. S. Ravichandran, J. E. Casanova, The adhesion GPCR BAI1 mediates macrophage ROS production and microbicidal activity against Gram-negative bacteria. Sci. Signal. 9, ra14 (2016).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2016年2月2日号

Editor's Choice

毒性のTRPA1活性がミエリンを分解する

Research Article

ABLキナーゼはTAZおよびSTAT5シグナル伝達を介して腫瘍と骨の相互作用を調節することによって乳がんの骨溶解性転移を促進する

MEK/ERKモジュールを介する状況特異的なフローがERK単一および二重リン酸化の細胞およびリガンド特異的なパターンを生み出す

adhesion型GPCR BAI1はマクロファージのROS産生およびグラム陰性菌に対する殺菌活性を媒介する

最新のResearch Article記事

2020年5月19日号

細胞外マトリックスタンパク質TasAは枯草菌(Bacillus subtilis)バイオフィルム内の運動性亜集団を維持する発生シグナルである

プロテインキナーゼAによる制御ネットワークは短命および長命の細胞記憶をコードする

2020年5月12日号

死を誘導するRIPK1活性はpH環境によって調整される

CD2シグナル伝達のホスホプロテオミクスは細胞傷害性T細胞における溶解顆粒極性化のAMPK依存性調節を明らかにする

2020年5月5日号

脊髄内のHsp90を阻害するとERK-RSK経路が活性化されることによってモルヒネの抗侵害受容作用が促進される