• ホーム
  • AMLはc-MYBを標的とするマイクロRNAを含むエキソソームを放出することによって造血を抑制する

AMLはc-MYBを標的とするマイクロRNAを含むエキソソームを放出することによって造血を抑制する

AML suppresses hematopoiesis by releasing exosomes that contain microRNAs targeting c-MYB

Research Article

Sci. Signal. 06 Sep 2016:
Vol. 9, Issue 444, pp. ra88
DOI: 10.1126/scisignal.aaf2797

Noah I. Hornick1,2,3,*, Ben Doron1,2,3,*, Sherif Abdelhamed1,2,3, Jianya Huan1,2,4, Christina A. Harrington4,5, Rongkun Shen6,7,8, Xiaolu A. Cambronne7, Santhosh Chakkaramakkil Verghese1,2,3, and Peter Kurre1,2,3,4,†

1 Department of Pediatrics, Oregon Health & Science University, Portland, OR 97239, USA.
2 Pediatric Cancer Biology, Oregon Health & Science University, Portland, OR 97239, USA.
3 Papé Family Pediatric Research Institute, Oregon Health & Science University, Portland, OR 97239, USA.
4 Knight Cancer Institute, Oregon Health & Science University, Portland, OR 97239, USA.
5 Integrated Genomics Laboratory, Oregon Health & Science University, Portland, OR 97239, USA.
6 Department of Biology, State University of New York, Brockport, NY 14420, USA.
7 Vollum Institute, Oregon Health & Science University, Portland, OR 97239, USA.
8 The College at Brockport, State University of New York, Brockport, NY 14420, USA.

† Corresponding author. Email: kurrepe@ohsu.edu

* These authors contributed equally to this work.

要約  エキソソームは腫瘍微小環境のパラクリン調節体であり、複雑な積荷を包含している。われわれは以前、急性骨髄性白血病(AML)細胞から放出されるエキソソームが、間質細胞のニッチへの保持因子のリプログラミングを介して間接的に、残存する造血幹細胞・前駆細胞(HSPC)の機能を抑制する可能性があることを報告した。また、全身性の造血機能不全がAMLエキソソームに誘導されてマイクロRNA(miRNA)がHSPCへと輸送された結果の一環であることも見出した。培養AMLから、またはAML異種移植片を有するマウス由来の血漿から単離されたエキソソームでは、miR-150とmiR-155の濃縮が認められた。これらのエキソソームのいずれか一方と一緒に培養されたHSPCでは、HSPCの分化と増殖に関連する転写因子であるc-MYBをコードする転写産物の翻訳がmiR-150とmiR-155の媒介によって抑制され、クローン形成能が損なわれていた。別のmiRNA標的を明らかにするために、われわれは、プロセシング能を減弱させたRNA誘導サイレンシング複合体(RISC)トラップを用いてmiR-155とその標的転写産物を捕捉した後、高処理量シークエンシングを行った。この手法によって、既知および未知のmiR-155標的転写産物が同定された。miR-155標的とタンパク質相互作用データベースSTRINGの情報を統合することによって、AMLエキソソーム由来のmiRNAによって間接的に影響されるタンパク質が明らかにされた。今回の知見は、間質細胞とは独立した機構を介したAMLエキソソームによるHSPCへの直接的な影響によって造血が損なわれることを示している。さらに、miRNA標的データとタンパク質間相互作用データを組み合わせる手法は、腫瘍微小環境内でのエキソソームに媒介された調節分子の輸送の影響を定義する目的で幅広く適用可能な戦略となりうる。

Citation: N. I. Hornick, B. Doron, S. Abdelhamed, J. Huan, C. A. Harrington, R. Shen, X. A. Cambronne, S. Chakkaramakkil Verghese, P. Kurre, AML suppresses hematopoiesis by releasing exosomes that contain microRNAs targeting c-MYB. Sci. Signal. 9, ra88 (2016).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2016年9月6日号

Editor's Choice

忘れても失わず

Research Article

MuSKは筋細胞におけるBMP応答およびカルシウムシグナル伝達を形作るBMPの共受容体である

AMLはc-MYBを標的とするマイクロRNAを含むエキソソームを放出することによって造血を抑制する

家族性アルツハイマー病に関連するプレセニリン1変異体はSTIM1のΥ-セクレターゼ分解を促進してストア作動性Ca2+流入を障害する

最新のResearch Article記事

2020年5月19日号

細胞外マトリックスタンパク質TasAは枯草菌(Bacillus subtilis)バイオフィルム内の運動性亜集団を維持する発生シグナルである

プロテインキナーゼAによる制御ネットワークは短命および長命の細胞記憶をコードする

2020年5月12日号

死を誘導するRIPK1活性はpH環境によって調整される

CD2シグナル伝達のホスホプロテオミクスは細胞傷害性T細胞における溶解顆粒極性化のAMPK依存性調節を明らかにする

2020年5月5日号

脊髄内のHsp90を阻害するとERK-RSK経路が活性化されることによってモルヒネの抗侵害受容作用が促進される