• ホーム
  • 独特の型のGSK-3阻害剤が臨床に新たな機会をもたらす

独特の型のGSK-3阻害剤が臨床に新たな機会をもたらす

A unique type of GSK-3 inhibitor brings new opportunities to the clinic

Research Article

Sci. Signal. 15 Nov 2016:
Vol. 9, Issue 454, pp. ra110
DOI: 10.1126/scisignal.aah7102

Avital Licht-Murava1,*, Rom Paz1,*, Lilach Vaks1, Limor Avrahami1, Batya Plotkin1, Miriam Eisenstein2, and Hagit Eldar-Finkelman1,†

1 Department of Human Molecular Genetics and Biochemistry, Sackler School of Medicine, Tel Aviv University, Tel Aviv 69978, Israel.
2 Department of Chemical Research Support, Weizmann Institute of Science, Rehovot 76100, Israel.

Corresponding author. Email: heldar@post.tau.ac.il

* These authors contributed equally to this work.

要約  プロテインキナーゼ阻害剤の開発は、多くの創薬プログラムの焦点である。しかし、一般的に用いられるアデノシン三リン酸競合阻害剤は特異性が限られ、選択性がより高い基質競合阻害剤は阻害能が弱いことが、重大な問題となる。グリコーゲン合成酵素キナーゼ3(GSK-3)は、アルツハイマー病(AD)などの神経変性疾患の治療に有望な薬剤標的であるが、大半のGSK-3阻害剤は臨床に到達していない。われわれは、GSK-3の触媒部位内で起こる基質から阻害剤への変換機構を介して作用する、新しい型のGSK-3阻害剤L807mtsを紹介する。L807mtsは強力で選択性の高いGSK-3阻害剤であり、げっ歯類における試験では、妥当な薬理学的特性と安全性特性を示すことが確認された。5XFAD ADマウスモデルにおいて、L807mtsの投与により、β-アミロイド蓄積の除去が促進され、炎症が軽減され、オートファジーフラックスが増強され、認知および社会的技能が改善された。この新たなGSK-3阻害法は、AD患者や、GSK-3の調節不全を伴うその他の中枢神経系疾患の患者に対して、治療効果を示す可能性がある。

Citation: A. Licht-Murava, R. Paz, L. Vaks, L. Avrahami, B. Plotkin, M. Eisenstein, H. Eldar-Finkelman, A unique type of GSK-3 inhibitor brings new opportunities to the clinic. Sci. Signal.9, ra110 (2016).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2016年11月15日号

Editor's Choice

あるtRNA合成酵素がMAVSを保護する

Editorial Guides

特集:神経疾患治療の新たな展望

Research Article

独特の型のGSK-3阻害剤が臨床に新たな機会をもたらす

RasGRP1は線条体におけるRhes相互作用ネットワーク「Rhesアクトーム」を介してアンフェタミン誘導性運動行動を促進する

最新のResearch Article記事

2020年5月19日号

細胞外マトリックスタンパク質TasAは枯草菌(Bacillus subtilis)バイオフィルム内の運動性亜集団を維持する発生シグナルである

プロテインキナーゼAによる制御ネットワークは短命および長命の細胞記憶をコードする

2020年5月12日号

死を誘導するRIPK1活性はpH環境によって調整される

CD2シグナル伝達のホスホプロテオミクスは細胞傷害性T細胞における溶解顆粒極性化のAMPK依存性調節を明らかにする

2020年5月5日号

脊髄内のHsp90を阻害するとERK-RSK経路が活性化されることによってモルヒネの抗侵害受容作用が促進される