• ホーム
  • RasGRP1は線条体におけるRhes相互作用ネットワーク「Rhesアクトーム」を介してアンフェタミン誘導性運動行動を促進する

RasGRP1は線条体におけるRhes相互作用ネットワーク「Rhesアクトーム」を介してアンフェタミン誘導性運動行動を促進する

RasGRP1 promotes amphetamine-induced motor behavior through a Rhes interaction network (“Rhesactome”) in the striatum

Research Article

Sci. Signal. 15 Nov 2016:
Vol. 9, Issue 454, pp. ra111
DOI: 10.1126/scisignal.aaf6670

Neelam Shahani1, Supriya Swarnkar1, Vincenzo Giovinazzo2, Jenny Morgenweck3, Laura M. Bohn3,Catherina Scharager-Tapia4, Bruce Pascal5, Pablo Martinez-Acedo4, Kshitij Khare6, and Srinivasa Subramaniam1,*

1 Department of Neuroscience, The Scripps Research Institute, Jupiter, FL 33458, USA.
2 Harriet L. Wilkes Honors College, Florida Atlantic University, Jupiter, FL 33458, USA.
3 Department of Molecular Therapeutics, The Scripps Research Institute, Jupiter, FL 33458, USA.
4 Proteomics Core, The Scripps Research Institute, Jupiter, FL 33458, USA.
5 Informatics Core, The Scripps Research Institute, Jupiter, FL 33458, USA.
6 Department of Statistics, University of Florida, Gainesville, FL 32611, USA.

* Corresponding author. Email: ssubrama@scripps.edu

要約  脳の線条体は、運動機能を調和させる。ドーパミン関連薬物は、ハンチントン病(HD)やパーキンソン病(PD)などの線条体神経変性患者に対して治療的であり得るが、これらの薬物はまた望ましくない副作用をもつ。ナルコレプシーおよび注意欠陥/多動性障害(ADHD)に用いられるアンフェタミンは、ノルエピネフリンの放出を刺激することに加えて、線条体のドーパミン放出を誘発する。線条体に豊富なグアノシントリホスファターゼRas相同体(Rhes)は、線条体におけるドーパミン作動性シグナル伝達を阻害し、HDおよびL-ドーパ誘発性ジスキネジアに関与し、線条体運動制御に働く。われわれは、グアニンヌクレオチド交換因子RasGRP1が、マウスにおける線条体運動活性のRhesによる制御を阻害することを見出した。RasGRP1は、Rhesを安定化させ、線条体のシナプスへの蓄積を増加させた。Rhes部分欠損(Rhes+/)マウスは、アンフェタミンに応じた運動活性が増強されたが、この表現型はRasGRP1の同時欠損により減弱した。Rasgrp1の野生型あるいは部分または完全ノックアウトをもつRhesヘテロ接合体マウス由来の線条体可溶化液のプロテオーム分析により、多様なRhes相互作用タンパク質のセットである「Rhesアクトーム」を同定し、PDE2A(ホスホジエステラーゼ2A; 主要なうつ病疾患に関連するタンパク質)、LRRC7(ロイシンリッチリピート含有7; 双極性疾患およびADHDに関連するタンパク質)およびDLG2(ディスクスラージホモログ2; 慢性疼痛に関連するタンパク質)を含むアンフェタミン誘導性Rhesアクトームの組成にRasGRP1が影響することを示した。したがって、このRhesネットワークは、アンフェタミンの線条体作用についての洞察を与え、線条体機能障害に関連する様々な神経学的および心理的疾患を治療する手法の開発を助ける可能性がある。

Citation: N. Shahani, S. Swarnkar, V. Giovinazzo, J. Morgenweck, L. M. Bohn, C. Scharager-Tapia, B. Pascal, P. Martinez-Acedo, K. Khare, S. Subramaniam, RasGRP1 promotes amphetamine-induced motor behavior through a Rhes interaction network ("Rhesactome") in the striatum. Sci. Signal. 9, ra111 (2016).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2016年11月15日号

Editor's Choice

あるtRNA合成酵素がMAVSを保護する

Editorial Guides

特集:神経疾患治療の新たな展望

Research Article

独特の型のGSK-3阻害剤が臨床に新たな機会をもたらす

RasGRP1は線条体におけるRhes相互作用ネットワーク「Rhesアクトーム」を介してアンフェタミン誘導性運動行動を促進する

最新のResearch Article記事

2020年5月19日号

細胞外マトリックスタンパク質TasAは枯草菌(Bacillus subtilis)バイオフィルム内の運動性亜集団を維持する発生シグナルである

プロテインキナーゼAによる制御ネットワークは短命および長命の細胞記憶をコードする

2020年5月12日号

死を誘導するRIPK1活性はpH環境によって調整される

CD2シグナル伝達のホスホプロテオミクスは細胞傷害性T細胞における溶解顆粒極性化のAMPK依存性調節を明らかにする

2020年5月5日号

脊髄内のHsp90を阻害するとERK-RSK経路が活性化されることによってモルヒネの抗侵害受容作用が促進される