• ホーム
  • ジアシルグリセロールキナーゼζはT細胞中のジアシルグリセロールに富んだ細胞小器官の免疫シナプスへの分極動員を制限する

ジアシルグリセロールキナーゼζはT細胞中のジアシルグリセロールに富んだ細胞小器官の免疫シナプスへの分極動員を制限する

Diacylglycerol kinase ζ limits the polarized recruitment of diacylglycerol-enriched organelles to the immune synapse in T cells

Research Article

Sci. Signal. 20 Dec 2016:
Vol. 9, Issue 459, pp. ra127
DOI: 10.1126/scisignal.aaf7714

Elena Andrada*, María Almena*,†, Julia Sáez de Guinoa, Sara V. Merino-Cortes, Rosa Liébana, Raquel Arcos, Silvia Carrasco, Yolanda R. Carrasco, and Isabel Merida§

Department of Immunology and Oncology, Centro Nacional de Biotecnología (CNB-CSIC), E-28049 Madrid, Spain.

§ Corresponding author. Email: imerida@cnb.csic.es

* These authors contributed equally to this work.

Present address: Department of Immunology, Pasteur Institute, 75015 Paris, France.

Present address: Department of Molecular and Cellular Biology, University of California, Irvine, CA 95616, USA.

要約  抗原によってT細胞と抗原提示細胞間の免疫シナプス(IS)形成が誘導されると、T細胞内に脂質セカンドメッセンジャーであるジアシルグリセロール(DAG)が急速に生成される。ジアシルグリセロールキナーゼζ(DGKζ)はDAGをホスファチジン酸(PA)に変換する。DGKζ欠損マウス由来の細胞傷害性Tリンパ球(CTL)において抗ウイルスおよび抗腫瘍活性が亢進していたことから、DAG量がT細胞応答の効果を制御することが示された。われわれは、IS形成中のDAG勾配発生を観察するための生物学的センサーとして、ISに特異的に動員されるDAG結合タンパク質であるタンパク質キナーゼCθ(PKCθ)のセカンドC1ドメインの特徴を評価した。OT-I T細胞受容体(TCR)発現トランスジェニックマウスCTLを用いた実験において、抗原とTCR間の相互作用は、強弱によらず、急速なDAGの生成を誘発したが、DAGに富んだ細胞小器官のISへの移動は強力な相互作用によってのみ誘発された。DGKζ欠損CTLでは、抗原刺激によって、ISにおけるDAGを含む細胞小器官の蓄積が亢進した。しかし、PAエフェクターであるPKCζの活性化障害によって、効果的なT細胞活性化に必要なプロセスである微小管形成中心のISへの再配向が認められなくなった。これらのデータを合わせると、TCR依存的DAG動員強度の直接的な結果としてPA依存性シグナル伝達の活性化が引き起こされる機構に、抗原認識下流のDGKζ活性化が関わることが示唆される。

Citation: E. Andrada, M. Almena, J. S. de Guinoa, S. V. Merino-Cortes, R. Liébana, R. Arcos, S. Carrasco, Y. R. Carrasco, I. Merida, Diacylglycerol kinase ζ limits the polarized recruitment of diacylglycerol-enriched organelles to the immune synapse in T cells. Sci. Signal. 9, ra127 (2016).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2016年12月20日号

Editor's Choice

腸細胞が病原体を一掃して除去する

Research Article

Racシグナル適応が骨髄からの好中球動員を制御する

ヒストン脱ユビキチン化酵素OTLD1はユークロマチンを標的として植物の成長を調節する

肥満細胞および好塩基球におけるFc受容体による活性化および増殖シグナルのトランス阻害

ジアシルグリセロールキナーゼζはT細胞中のジアシルグリセロールに富んだ細胞小器官の免疫シナプスへの分極動員を制限する

最新のResearch Article記事

2020年5月19日号

細胞外マトリックスタンパク質TasAは枯草菌(Bacillus subtilis)バイオフィルム内の運動性亜集団を維持する発生シグナルである

プロテインキナーゼAによる制御ネットワークは短命および長命の細胞記憶をコードする

2020年5月12日号

死を誘導するRIPK1活性はpH環境によって調整される

CD2シグナル伝達のホスホプロテオミクスは細胞傷害性T細胞における溶解顆粒極性化のAMPK依存性調節を明らかにする

2020年5月5日号

脊髄内のHsp90を阻害するとERK-RSK経路が活性化されることによってモルヒネの抗侵害受容作用が促進される