• ホーム
  • ミクログリアにおけるカベオリン-1の媒介するビタミンCトランスポーターSVCT2のインターナリゼーションは炎症性表現型を誘導する

ミクログリアにおけるカベオリン-1の媒介するビタミンCトランスポーターSVCT2のインターナリゼーションは炎症性表現型を誘導する

Caveolin-1–mediated internalization of the vitamin C transporter SVCT2 in microglia triggers an inflammatory phenotype

Research Article

Sci.Signal. 28 Mar 2017:
Vol. 10, Issue 472, eaal2005
DOI: 10.1126/scisignal.aal2005

Camila C. Portugal1,*,†, Renato Socodato1,†, Teresa Canedo1, Cátia M. Silva1, Tânia Martins2,3, Vivian S. M. Coreixas2,4, Erick C. Loiola2,4, Burkhard Gess5,6, Dominik Röhr5, Ana R. Santiago2,3, Peter Young5, Richard D. Minshall7, Roberto Paes-de-Carvalho4, António F. Ambrósio2,3, and João B. Relvas1,*

1 Instituto de Investigação e Inovação em Saúde and Instituto de Biologia Molecular e Celular (IBMC), Universidade do Porto, Rua Alfredo Allen, 208 4200-135 Porto, Portugal.
2 Institute for Biomedical Imaging and Life Sciences (IBILI), Faculty of Medicine, University of Coimbra, Health Sciences Campus, Azinhaga Santa Comba, 3000-548 Coimbra, Portugal.
3 Center for Neuroscience and Cell Biology, Institute for Biomedical Imaging and Life Sciences (CNC.IBILI) Consortium, University of Coimbra, Coimbra, Portugal.
4 Department of Neurobiology and Program of Neurosciences, Institute of Biology, Fluminense Federal University, Rua Outeiro São João Batista, 24020-971 Niterói, Rio de Janeiro, Brazil.
5 Department of Neurology, University of Muenster, 48149 Muenster, Germany.
6 Department of Neurology, RWTH Aachen University, Pauwelstrasse 30, 52074 Aachen, Germany.
7 Department of Pharmacology and Center for Lung and Vascular Biology and Department of Anesthesiology, University of Illinois College of Medicine, Chicago, IL 60612, USA.

* Corresponding author. Email: jrelvas@ibmc.up.pt (J.B.R.); camila.portugal@ibmc.up.pt (C.C.P.)

† These authors contributed equally to this work.

要約
中枢神経系(CNS)の発達および機能にはビタミンCが必須である。細胞膜ナトリウム依存性ビタミンCトランスポーター2(SVCT2)はニューロンにおけるビタミンC取込みの主要メディエーターである。SVCT2は、還元剤として作用する還元型ビタミンCであるアスコルビン酸を特異的に輸送する。本研究から、神経組織の適正な機能に必須のCNSのレジデント骨髄系細胞であるミクログリアのホメオスタシスには、SVCT2を介したアスコルビン酸取込みが重要であることが示された。われわれは、細胞膜からSVCT2が枯渇することにより、ミクログリアに炎症性表現型が誘導され、その結果、ミクログリアが活性化されることを明らかにした。ミクログリアのカベオリン1のTyr14のSrcによるリン酸化によってSVCT2のインターナリゼーションが誘導された。アスコルビン酸処理、SVCT2過剰発現またはSVCT2インターナリゼーションの遮断によってミクログリアの活性化が阻害された。以上、本研究により、ミクログリアのホメオスタシスに対するアスコルビン酸輸送系の重要性が示され、アスコルビン酸輸送の異常調節が神経学的障害に関与している可能性が示唆された。

Citation: C. C. Portugal, R. Socodato, T. Canedo, C. M. Silva, T. Martins, V. S. M. Coreixas, E. C. Loiola, B. Gess, D. Röhr, A. R. Santiago, P. Young, R. D. Minshall, R. Paes-de-Carvalho, A. F. Ambrósio, J. B. Relvas, Caveolin-1–mediated internalization of the vitamin C transporter SVCT2 in microglia triggers an inflammatory phenotype. Sci. Signal. 10, eaal2005 (2017).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2017年3月28日号

Editor's Choice

抗うつ薬が転移性前立腺がんから骨を守る

Research Article

スフィンゴシン1-リン酸のその受容体S1P5を介したシグナル伝達が染色体分離および有糸分裂の進行を促進する

ミクログリアにおけるカベオリン-1の媒介するビタミンCトランスポーターSVCT2のインターナリゼーションは炎症性表現型を誘導する

ミトコンドリアSTAT3のストレス誘導性動的制御とそのサイクロフィリンDとの結合はミトコンドリアのROS産生を低下させる

最新のResearch Article記事

2018年5月1日号

核内PTENはマイクロRNAレギュロンの成熟を促進し、敗血症のMyD88依存的感受性を制限する

VEGF-ニューロピリン-2シグナル伝達はRac GAP β2-キメリンのTAZ媒介性抑制によって乳がん細胞における幹様形質を促進する

IKKαとLC3の相互作用がTLR9含有LAPosomeを介してI型インターフェロン産生を促進する

モノラウリン酸グリセロールはLATとSLP-76ミクロクラスターとの結合を遮断することにより糸状仮足の形成を誘導する

2018年4月24日号

マイトファジーはパーキン依存性UCP1非依存性の機構を介してベージュ脂肪細胞維持を制御する