• ホーム
  • IL-33とST2は転写ネットワークを通じてFAK依存性の抗腫瘍免疫回避を仲介する

IL-33とST2は転写ネットワークを通じてFAK依存性の抗腫瘍免疫回避を仲介する

IL-33 and ST2 mediate FAK-dependent antitumor immune evasion through transcriptional networks

Research Article

Sci. Signal. 05 Dec 2017:
Vol. 10, Issue 508, eaan8355
DOI: 10.1126/scisignal.aan8355

Bryan Serrels1,*,†, Niamh McGivern1,†, Marta Canel2, Adam Byron1, Sarah C. Johnson3, Henry J. McSorley2, Niall Quinn1, David Taggart2, Alex Von Kreigsheim1, Stephen M. Anderton2, Alan Serrels1,2,*, and Margaret C. Frame1,*

1 Cancer Research UK Edinburgh Centre, Institute of Genetics and Molecular Medicine, University of Edinburgh, Edinburgh EH4 2XR, UK.
2 Medical Research Council Centre for Inflammation Research, Queen's Medical Research Institute, University of Edinburgh, Edinburgh EH16 4TJ, UK.
3 Barts Cancer Institute, Queen Mary University of London, Charterhouse Square, London EC1M 6BQ, UK.

* Corresponding author. Email: m.frame@ed.ac.uk (M.C.F.); b.serrels@ed.ac.uk (B.S.); a.serrels@ed.ac.uk (A.S.)

† These authors contributed equally to this work.

要約
接着斑キナーゼ(FAK)は、腫瘍の増殖と転移を促進する、腫瘍細胞固有の挙動を仲介する。われわれは以前に、FAKが、微小環境において抗腫瘍免疫を抑制する炎症遺伝子の発現も誘導することを示した。本研究では、二重機能性サイトカインであるインターロイキン33(IL-33)の、FAK依存性免疫回避における、これまで知られていなかったきわめて重要な役割を同定した。マウス扁平上皮がん(SCC)細胞において、とくに核内のFAKが、IL-33、ケモカインCCL5、可溶性ST2(sST2)と呼ばれる可溶性分泌型IL-33受容体をコードする遺伝子の発現を増強した。FAK陽性SCC細胞ではIL-33とCCL5の存在量が増加したが、正常ケラチノサイトではそのような増加は認められなかった。IL-33は核内でFAKと結合し、FAK-IL-33複合体は、クロマチン修飾因子および転写調節因子(TAF9、WDR82、BRD4など)のネットワークと相互作用し、それによって、核内因子κB(NF-κB)の活性と、CCL5などのケモカインをコードする遺伝子の誘導を促進した。FAK陽性SCC細胞からのIL-33の分泌は検出されなかった。したがって、sST2の産生および分泌が増加すると、腫瘍環境内で他の細胞種によって分泌されたIL-33が隔離されることにより、浸潤する宿主免疫細胞に対する刺激作用が阻害されるのではないかと考えられる。移植前にSCC細胞からFAK、IL-33、sST2のいずれかを枯渇させると、同系マウスにおいて腫瘍退縮が誘導されたが、CD8+ T細胞を同時に枯渇させた場合は誘導されなかった。われわれのデータは、FAKが腫瘍免疫環境を制御する仕組み、すなわち、核内IL-33が仲介する転写調節ネットワークを介した機構に関する知見をもたらしている。この経路を標的にすることで、患者の抗腫瘍免疫が高まる可能性がある。

Citation: B. Serrels, N. McGivern, M. Canel, A. Byron, S. C. Johnson, H. J. McSorley, N. Quinn, D. Taggart, A. Von Kreigsheim, S. M. Anderton, A. Serrels, M. C. Frame, IL-33 and ST2 mediate FAK-dependent antitumor immune evasion through transcriptional networks. Sci. Signal. 10, eaan8355 (2017).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2017年12月5日号

Editor's Choice

マイトーシス(有糸分裂)の代わりにネトーシス(好中球の細胞死)を促進する

Research Article

IL-33とST2は転写ネットワークを通じてFAK依存性の抗腫瘍免疫回避を仲介する

受容体チロシンキナーゼEphA2は転写活性化因子YAPおよびTAZを活性化することにより腫瘍のグルタミン代謝を促進する

Research Resources

オキシトシンのわずかな修飾によって効力を維持したまま種を通じた選択性を改善するリガンドが生成される

Reviews

HemITAM:非常に強力な単一チロシンモチーフ

最新のResearch Article記事

2018年5月1日号

核内PTENはマイクロRNAレギュロンの成熟を促進し、敗血症のMyD88依存的感受性を制限する

VEGF-ニューロピリン-2シグナル伝達はRac GAP β2-キメリンのTAZ媒介性抑制によって乳がん細胞における幹様形質を促進する

IKKαとLC3の相互作用がTLR9含有LAPosomeを介してI型インターフェロン産生を促進する

モノラウリン酸グリセロールはLATとSLP-76ミクロクラスターとの結合を遮断することにより糸状仮足の形成を誘導する

2018年4月24日号

マイトファジーはパーキン依存性UCP1非依存性の機構を介してベージュ脂肪細胞維持を制御する