• ホーム
  • HemITAM:非常に強力な単一チロシンモチーフ

HemITAM:非常に強力な単一チロシンモチーフ

HemITAM: A single tyrosine motif that packs a punch

Reviews

Sci. Signal. 05 Dec 2017:
Vol. 10, Issue 508, eaan3676
DOI: 10.1126/scisignal.aan3676

Björn Bauer and Alexander Steinle*

Institute for Molecular Medicine, Goethe-University Frankfurt am Main, Frankfurt am Main, Germany.

* Corresponding author. Email: alexander.steinle@kgu.de

要約
自然免疫細胞は、病原体関連分子パターン(PAMP)またはストレス、感染、悪性細胞もしくは死細胞のみで露出される細胞分子を認識する、生殖細胞系にコードされる多くの受容体を介して、危険を感知している。これらの危険感知受容体の多くはC型レクチン様スーパーファミリー(CLSF)に属しているため、C型レクチン様受容体(CTLR)と呼ばれている。哺乳動物ナチュラルキラー遺伝子複合体(NKC)のサブ領域に共にクラスター化している遺伝子によりコードされる、CLEC-2、Dectin-1、DNGR-1、NKp80およびNKp65といった特定の活性化型CTLRは、ヘミ免疫受容体チロシン活性化モチーフ(hemi-immunoreceptor tyrosine-based activation motif:hemITAM)と呼ばれる単一コピーのチロシンシグナル伝達モジュールを利用している。これらのhemITAM含有CTLRは骨髄細胞および自然リンパ球に存在し、食作用、サイトカインの産生および細胞傷害性など種々の機能を刺激する。近位シグナル伝達機構には、hemITAMのチロシンリン酸化およびそれに続くキナーゼSykの活性化が関与している。hemITAMによるシグナル伝達およびSykの動員は、hemITAM内または近位の様々なアミノ酸により微調整され、これがhemITAM含有受容来における下流のシグナル伝達イベントおよびさまざまな機能的アウトカムに違いを生じさせるようである。

Citation: B. Bauer, A. Steinle, HemITAM: A single tyrosine motif that packs a punch. Sci. Signal. 10, eaan3676 (2017).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2017年12月5日号

Editor's Choice

マイトーシス(有糸分裂)の代わりにネトーシス(好中球の細胞死)を促進する

Research Article

IL-33とST2は転写ネットワークを通じてFAK依存性の抗腫瘍免疫回避を仲介する

受容体チロシンキナーゼEphA2は転写活性化因子YAPおよびTAZを活性化することにより腫瘍のグルタミン代謝を促進する

Research Resources

オキシトシンのわずかな修飾によって効力を維持したまま種を通じた選択性を改善するリガンドが生成される

Reviews

HemITAM:非常に強力な単一チロシンモチーフ

最新のReviews記事

2019年3月26日号

酵素酸化リン脂質が、自然免疫および細胞死の重要な調整因子として注目を集める

2019年2月26日号

TGF-βファミリーシグナル伝達の特異性、多能性、および制御

2019年1月22日号

暗いリン酸化プロテオームを照らす

2019年1月1日号

AMPA型グルタミン酸受容体のシナプス後局在化及び長期増強中のそれらの調節の機序

2018年10月16日号

VEGFとYAP/TAZシグナル伝達の収束:血管新生およびがんの生物学との関連