• ホーム
  • 細胞極性タンパク質Par3およびPar6間相互作用の構造的基礎

細胞極性タンパク質Par3およびPar6間相互作用の構造的基礎

Structural basis for the interaction between the cell polarity proteins Par3 and Par6

Research Article

Sci. Signal. 13 Feb 2018:
Vol. 11, Issue 517, eaam9899
DOI: 10.1126/scisignal.aam9899

Fabian A. Renschler1,*, Susanne R. Bruekner1,*,†, Paulin L. Salomon1,‡, Amrita Mukherjee1,§, Lars Kullmann2, Mira C. Schütz-Stoffregen1,¶, Christine Henzler1, Tony Pawson3,‖, Michael P. Krahn2,4, and Silke Wiesner1,**,¶

1 Max Planck Institute for Developmental Biology, Max-Planck-Ring 5, 72076 Tübingen, Germany.
2 Molecular and Cellular Anatomy, University of Regensburg, Universitätsstrasse 31, 93053 Regensburg, Germany.
3 Lunenfeld-Tanenbaum Research Institute, Mount Sinai Hospital, 600 University Avenue, Toronto, Ontario M5G 1X5, Canada.
4 Medical Clinic D, University Hospital of Münster, Domagkstraβe 3a, 48149 Münster, Germany.

**Corresponding author. Email: silke.wiesner@ur.de

* These authors contributed equally to this work.

† Present address: Netherlands Cancer Institute, Plesmanlaan 121, 1066 CX Amsterdam, Netherlands.

‡ Present address: ImmunoGen Inc., 830 Winter Street, Waltham, MA 02451, USA.

§ Present address: Centre for Developmental Neurobiology, New Hunt's House, Guy's Campus, London SE1 1UL, UK.

¶ Present address: Institute of Biophysics and Physical Biochemistry, University of Regensburg, Universitätsstrasse 31, 93053 Regensburg, Germany.

‖ Deceased.

要約

極性は、ほとんどの細胞型の基本的な性質である。Parタンパク質複合体は、非対称に局在化したタンパク質ネットワークを生成する主な駆動力であり、非定型タンパク質キナーゼC(aPKC)、Par3、およびPar6から成る。この複合体の機能不全は、発達異常および、がんなどの疾患を引き起こす。われわれは、in vitroでのPar3との相互作用および培養細胞におけるPar3によるPar6の膜局在化に必須である、Par6のPDZドメイン結合モチーフを同定した。ハエの胚において、われわれは、PAR6を上皮細胞の皮質に標的指向化することにおいて、PDZドメイン結合モチーフがPDZドメインと機能的に冗長であることを見出した。X線結晶学およびNMR分光法による構造解析は、Par3のPDZ1およびPDZ3ドメインの両方がPar6のPDZドメイン結合モチーフとの標準的な相互作用に関与するが、PDZ2は関与しないことを示した。したがって、Par3は、2つのPar6タンパク質を同時に動員する能力をもち、それは多価PDZドメイン相互作用を介して極性タンパク質ネットワークの集合を促進する可能性がある。

Citation: F. A. Renschler, S. R. Bruekner, P. L. Salomon, A. Mukherjee, L. Kullmann, M. C. Schütz-Stoffregen, C. Henzler, T. Pawson, M. P. Krahn, S. Wiesner, Structural basis for the interaction between the cell polarity proteins Par3 and Par6. Sci. Signal. 11, eaam9899 (2018).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2018年2月13日号

Editor's Choice

遺伝子発現を促進するAGO

Research Article

教育されたナチュラルキラー細胞は活性化受容体NKp46のダイナミックな動きと抑制性受容体Ly49Aの限局を示す

小胞体ストレス応答調節因子ATF6は中胚葉の分化を促進する

細胞極性タンパク質Par3およびPar6間相互作用の構造的基礎

最新のResearch Article記事

2021年10月5日号

cAMP生成の空間バイアスがPTH 1型受容体活性化に対する生物学的応答を決定する

T細胞の4つのPGE2受容体の個別および共通のシグナル伝達ネットワークを、システムズ・アプローチから解明

2021年9月28日号

SIRPαはSHP-2を隔離してIL-4およびIL-13のシグナル伝達とマクロファージのオルタナティブ活性化を促進する

メタボロミクスによるT細胞誘導性大腸炎の活性スクリーニングから抗炎症性代謝物を解明

2021年9月21日号

ラパマイシンの範囲を超えるmTORC1の生物学を解明する