• ホーム
  • 低カルシウム血症を引き起こすカルシウム感知受容体の変異が膜貫通性の塩橋を阻害して、β-アレスチン偏向性シグナル伝達を活性化する

低カルシウム血症を引き起こすカルシウム感知受容体の変異が膜貫通性の塩橋を阻害して、β-アレスチン偏向性シグナル伝達を活性化する

A calcium-sensing receptor mutation causing hypocalcemia disrupts a transmembrane salt bridge to activate β-arrestin-biased signaling

Research Article

Sci. Signal. 20 Feb 2018:
Vol. 11, Issue 518, eaan3714
DOI: 10.1126/scisignal.aan3714

Caroline M. Gorvin1,*,†, Valerie N. Babinsky1, Tomas Malinauskas2, Peter H. Nissen3, Anders J. Schou4, Aylin C. Hanyaloglu5, Christian Siebold2, E. Yvonne Jones2, Fadil M. Hannan1,6,‡, and Rajesh V. Thakker1,‡

1 Academic Endocrine Unit, Oxford Centre for Diabetes, Endocrinology and Metabolism, Radcliffe Department of Medicine, University of Oxford, Oxford OX3 7LJ, UK.
2 Division of Structural Biology, Wellcome Trust Centre for Human Genetics, University of Oxford, Oxford OX3 7BN, UK.
3 Department of Clinical Biochemistry, Aarhus University Hospital, DK-8200 Aarhus N, Denmark.
4 Hans Christian Andersen Children's Hospital, Odense University Hospital, 5000 Odense C, Denmark.
5 Institute of Reproductive and Developmental Biology, Faculty of Medicine, Imperial College London W12 0NN, UK.
6 Institute of Ageing and Chronic Disease, University of Liverpool, Liverpool L7 8TX, UK.

‡ Corresponding author. Email: rajesh.thakker@ndm.ox.ac.uk (R.V.T.); fadil.hannan@liverpool.ac.uk (F.M.H.)

* Present address: Institute of Metabolism and Systems Research, University of Birmingham, Birmingham B15 2TT, UK.

† Present address: Centre for Endocrinology, Diabetes and Metabolism, Birmingham Health Partners, Birmingham B15 2TH, UK.

要約

カルシウム感知受容体(CaSR)は、Gq/11およびGi/oを介したシグナルにより細胞質カルシウム(Ca2+i)およびマイトジェン活性化プロテインキナーゼ(MAPK)のシグナル伝達を刺激し、細胞外のカルシウムホメオスタシスを制御する、Gタンパク質共役受容体(GPCR)である。家族性低カルシウム尿性高カルシウム血症1型(FHH1)引き起こす機能喪失型CASR変異、および常染色体優性低カルシウム血症1型(ADH1)を引き起こす機能獲得型CASRの研究から、CaSRは偏向性にシグナルを伝達することが明らかにされた。したがって、FHH1に関連する一部の変異は主にMAPK経路を介したシグナル伝達に至り、一方でADH1に関連する変異は選択的にCa2+i反応を亢進する。われわれは、これまで同定されていなかったADH1関連R680G CaSR変異を検討し、それにより偏向性のシグナル伝達を媒介するCaSR構造モチーフの同定に至ったので、これを報告する。HEK 293細胞でCaSRR680Gを発現させることで、この変異がCa2+i応答を変化させることなくMAPKシグナル伝達を増強させることを明らかにした。さらに、MAPK活性の機能獲得はGq/11およびGi/oとは独立して生じ、その代り、β-アレスチンタンパク質が関与する非古典的経路が介するものであった。ホモロジーモデリングおよび変異導入試験から、R680G CaSR変異は、CaSRの膜貫通ドメイン3と細胞外ループ2にそれぞれ位置するArg680とGlu767の間で形成される塩橋を破壊することで、β-アレスチンシグナル伝達を選択的に増強することが明らかとなった。このようにわれわれの結果は、β-アレスチンを介したCaSRのシグナル伝達、およびシグナル伝達バイアスの媒介におけるArg680-Glu767塩橋の重要性を立証している。

Citation: C. M. Gorvin, V. N. Babinsky, T. Malinauskas, P. H. Nissen, A. J. Schou, A. C. Hanyaloglu, C. Siebold, E. Y. Jones, F. M. Hannan, R. V. Thakker, A calcium-sensing receptor mutation causing -arrestin-biased signaling. βhypocalcemia disrupts a transmembrane salt bridge to activate Sci. Signal. 11, eaan3714 (2018)

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2018年2月20日号

Editor's Choice

代謝に死を宣告される

Research Article

AblとArgがシステインカテプシンの分泌を調節してメラノーマの浸潤と転移を促進する

植物の気孔応答全体を調和させる:光ストレス時の迅速な葉間伝達

低カルシウム血症を引き起こすカルシウム感知受容体の変異が膜貫通性の塩橋を阻害して、β-アレスチン偏向性シグナル伝達を活性化する

細胞内ピリジン5′-ヌクレオチダーゼNT5C3Aはインターフェロンおよびサイトカインシグナル伝達における負のエピジェネティック因子である

最新のResearch Article記事

2018年5月1日号

核内PTENはマイクロRNAレギュロンの成熟を促進し、敗血症のMyD88依存的感受性を制限する

VEGF-ニューロピリン-2シグナル伝達はRac GAP β2-キメリンのTAZ媒介性抑制によって乳がん細胞における幹様形質を促進する

IKKαとLC3の相互作用がTLR9含有LAPosomeを介してI型インターフェロン産生を促進する

モノラウリン酸グリセロールはLATとSLP-76ミクロクラスターとの結合を遮断することにより糸状仮足の形成を誘導する

2018年4月24日号

マイトファジーはパーキン依存性UCP1非依存性の機構を介してベージュ脂肪細胞維持を制御する