• ホーム
  • AblとArgがシステインカテプシンの分泌を調節してメラノーマの浸潤と転移を促進する

AblとArgがシステインカテプシンの分泌を調節してメラノーマの浸潤と転移を促進する

Abl and Arg mediate cysteine cathepsin secretion to facilitate melanoma invasion and metastasis

Research Article

Sci. Signal. 20 Feb 2018:
Vol. 11, Issue 518, eaao0422
DOI: 10.1126/scisignal.aao0422

Rakshamani Tripathi1, Leann S. Fiore1, Dana L. Richards2, Yuchen Yang3, Jinpeng Liu4, Chi Wang4, and Rina Plattner1,*

1 Department of Pharmacology and Nutritional Sciences, College of Medicine, University of Kentucky, Lexington, KY 40536, USA.
2 Department of Pathology, College of Medicine, University of Kentucky, Lexington, KY 40536, USA.
3 Department of Statistics, University of Kentucky, Lexington, KY 40536, USA.
4 Department of Biostatistics and Markey Cancer Center, University of Kentucky, Lexington, KY 40536, USA.

* Corresponding author. Email: rplat2@uky.edu

要約

メラノーマ(黒色腫)は、とくに若年女性で発生率が上昇しており、浸潤性・転移性の高さ、従来の標的型の免疫学的薬剤に対する抵抗性率の高さが原因で、多くの人にとって依然として不治の病である。カテプシンは、メラノーマの増悪と治療抵抗性を決定付ける重要なプロテアーゼである。細胞内カテプシンは、がんの増悪を制限するタンパク質を切断し分解する。一方、細胞外カテプシンは、腫瘍微小環境において、細胞外マトリックスを直接切断し、浸潤促進性のプロテアーゼを活性化する。カテプシンの分泌は、がん細胞で顕著に亢進される。われわれは、メラノーマ細胞においてカテプシン分泌の亢進をもたらすシグナル伝達経路を調べた。そして、非受容体型チロシンキナーゼであるAblとArg(Abl/Arg)が、上皮間葉転換(EMT)、浸潤、治療抵抗性において重要な役割を果たす転写因子(すなわちEts1、Sp1、NF-κB/p65)を活性化することによってカテプシンBとカテプシンLの分泌を亢進することを見出した。一部のメラノーマ細胞株では、Abl/Argはキナーゼとは独立した形で、Ets1/p65誘導性のカテプシンBとカテプシンLの分泌を亢進したが、他のメラノーマ細胞株では、Abl/Argはキナーゼに依存した形で、Sp1/Ets1/p65に媒介されるカテプシンL分泌の誘導とSp1/p65に媒介されるカテプシンB分泌の誘導を促進した。臨床的妥当性の指標として、Abl/Arg、Sp1、Ets1、カテプシンをコードするmRNAの量は、原発性メラノーマで正の相関を示し、培養下でのAbl/Argに駆動される浸潤とin vivoでの転移にはカテプシンの分泌が必須であった。これらのデータは、Ablキナーゼを標的とする薬剤(その多くはFDAに承認されている)が、一部のメラノーマ、および活性化されたAblキナーゼを擁する他の浸潤性がんで、カテプシンの分泌を阻害する可能性を示唆している。

Citation: R. Tripathi, L. S. Fiore, D. L. Richards, Y. Yang, J. Liu, C. Wang, R. Plattner, Abl and Arg mediate cysteine cathepsin secretion to facilitate melanoma invasion and metastasis. Sci. Signal. 11, eaao0422 (2018)

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2018年2月20日号

Editor's Choice

代謝に死を宣告される

Research Article

AblとArgがシステインカテプシンの分泌を調節してメラノーマの浸潤と転移を促進する

植物の気孔応答全体を調和させる:光ストレス時の迅速な葉間伝達

低カルシウム血症を引き起こすカルシウム感知受容体の変異が膜貫通性の塩橋を阻害して、β-アレスチン偏向性シグナル伝達を活性化する

細胞内ピリジン5′-ヌクレオチダーゼNT5C3Aはインターフェロンおよびサイトカインシグナル伝達における負のエピジェネティック因子である

最新のResearch Article記事

2018年5月1日号

核内PTENはマイクロRNAレギュロンの成熟を促進し、敗血症のMyD88依存的感受性を制限する

VEGF-ニューロピリン-2シグナル伝達はRac GAP β2-キメリンのTAZ媒介性抑制によって乳がん細胞における幹様形質を促進する

IKKαとLC3の相互作用がTLR9含有LAPosomeを介してI型インターフェロン産生を促進する

モノラウリン酸グリセロールはLATとSLP-76ミクロクラスターとの結合を遮断することにより糸状仮足の形成を誘導する

2018年4月24日号

マイトファジーはパーキン依存性UCP1非依存性の機構を介してベージュ脂肪細胞維持を制御する