• ホーム
  • FZD5は原型GPCRの機能的特徴を示すGαq共役受容体である

FZD5は原型GPCRの機能的特徴を示すGαq共役受容体である

FZD5 is a Gαq-coupled receptor that exhibits the functional hallmarks of prototypical GPCRs

Research Article

Sci. Signal. 04 Dec 2018:
Vol. 11, Issue 559, eaar5536
DOI: 10.1126/scisignal.aar5536

Shane C. Wright1,2,*, Maria Consuelo Alonso Cañizal3,4,*, Tobias Benkel5, Katharina Simon5, Christian Le Gouill2, Pierre Matricon6, Yoon Namkung7, Viktoria Lukasheva2, Gabriele M. König5, Stéphane A. Laporte7,8, Jens Carlsson6, Evi Kostenis5, Michel Bouvier2, Gunnar Schulte1,†, and Carsten Hoffmann3,4,†

1 Section of Receptor Biology and Signaling, Department of Physiology and Pharmacology, Karolinska Institutet, S17165 Stockholm, Sweden.
2 Department of Biochemistry and Molecular Medicine, Institute for Research in Immunology and Cancer, University of Montréal, Montréal, QC H3C 3J7, Canada.
3 Institute of Pharmacology and Toxicology, University of Würzburg, Versbacher Strasse 9, 97078 Würzburg, Germany.
4 Institute for Molecular Cell Biology, CMB-Center for Molecular Biomedicine, University Hospital Jena, Friedrich-Schiller University Jena, Hans-Knöll-Strasse 2, 07745 Jena, Germany.
5 Institute for Pharmaceutical Biology, University of Bonn, 53115 Bonn, Germany.
6 Science for Life Laboratory, Department of Cell and Molecular Biology, Uppsala University, P.O. Box 596, SE-751 24 Uppsala, Sweden.
7 Department of Medicine, Research Institute of the McGill University Health Center, McGill University, Montréal, QC H4A 3J1, Canada.
8 Department of Pharmacology and Therapeutics, McGill University, Montréal, QC H3G 1Y6, Canada.

† Corresponding author. Email: gunnar.schulte@ki.se (G.S.); carsten.hoffmann@uni-jena.de (C.H.)

* These authors share co-first authorship and contributed equally to this work.

要約

Frizzled(FZD)は、Gタンパク質共役受容体(GPCR)スーパーファミリーのクラスFに属する7回膜貫通型(7TM)受容体である。FZDはWNTタンパク質に結合し、胚の発生、幹細胞の調節、成体組織の恒常性に関与する多様なシグナル伝達カスケードを刺激する。Frizzled 5(FZD5)は、WNTに応答してβ-カテニン破壊複合体の機能的不活化を促進するクラスFのGPCRのなかでもとくに研究されている。しかし、FZDが原型GPCRとして機能するかどうかは多く議論されてきており、とりわけFZD5がヘテロ三量体Gタンパク質を活性化することは示されていない。本稿でわれわれは、WNT-5Aを添加したあとにFZD5の立体構造が変化することを示す。この変化はクラスAおよびクラスBのGPCRの活性化を思わせる。さらにわれわれは、二色蛍光退色後回復測定(dcFRAP)や共鳴エネルギー移動(RET)アッセイなどの複数の生細胞画像法と分光測定法を実施し、WNT-5Aで刺激されるとFZD5がGαqとその下流エフェクターを活性化することを示した。まとめると、これらの知見はFZD5が正真正銘のGPCR活性化特性を有する7TM受容体であることを示しており、WNT-FZDシグナル伝達における創薬の新規標的を示唆している。

Citation: S. C. Wright, M. C. A. Cañizal, T. Benkel, K. Simon, C. Le Gouill, P. Matricon, Y. Namkung, V. Lukasheva, G. M. König, S. A. Laporte, J. Carlsson, E. Kostenis, M. Bouvier, G. Schulte, C. Hoffmann, FZD5 is a Gαq-coupled receptor that exhibits the functional hallmarks of prototypical GPCRs. Sci. Signal. 11, eaar5536 (2018).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2018年12月4日号

Editor's Choice

ERADが飢餓応答を抑制する

Research Article

p62/SQSTM1の調節されたタンパク分解がオートファジーと栄養感知の差次的制御を可能にする

FZD5は原型GPCRの機能的特徴を示すGαq共役受容体である

Research Resources

経路全体のBRETシグナル伝達センサーを用いたアンジオテンシンII 1型受容体の機能選択性プロファイリング

最新のResearch Article記事

2018年12月4日号

p62/SQSTM1の調節されたタンパク分解がオートファジーと栄養感知の差次的制御を可能にする

FZD5は原型GPCRの機能的特徴を示すGαq共役受容体である

2018年11月27日号

海馬のmGluR1依存性長期増強にはNAADPに媒介される酸性貯蔵Ca2+シグナル伝達が必要である

アスピリンはインターロイキン-11を介した制御性T細胞の保護を通して実験的自己免疫性脳脊髄炎を改善する

βバレル外膜タンパク質がmTORC2活性化を抑制し、オートファジー応答を誘導する