• ホーム
  • 転写抑制因子RESTは髄芽腫のマウスモデルにおいて、Ptch1座位で系列・分化段階特異的なクロマチン凝縮を引き起こし、AKT活性化を促進する

転写抑制因子RESTは髄芽腫のマウスモデルにおいて、Ptch1座位で系列・分化段階特異的なクロマチン凝縮を引き起こし、AKT活性化を促進する

Transcriptional repressor REST drives lineage stage-specific chromatin compaction at Ptch1 and increases AKT activation in a mouse model of medulloblastoma

Research Article

Sci. Signal. 22 Jan 2019:
Vol. 12, Issue 565, eaan8680
DOI: 10.1126/scisignal.aan8680

Tara H. W. Dobson1,*, Rong-Hua Tao1,*, Jyothishmathi Swaminathan1, Shinji Maegawa1, Shavali Shaik1, Javiera Bravo-Alegria1, Ajay Sharma1, Bridget Kennis1, Yanwen Yang1, Keri Callegari1, Amanda R. Haltom1, Pete Taylor1, Mari Kogiso2, Lin Qi2, Soumen Khatua1, Stewart Goldman3, Rishi R. Lulla3, Jason Fangusaro3, Tobey J. MacDonald4, Xiao-Nan Li2,3, Cynthia Hawkins5, Veena Rajaram6, and Vidya Gopalakrishnan1,7,8,9,10,†

1 Department of Pediatrics, University of Texas, MD Anderson Cancer Center, Houston, TX 77030, USA.
2 Texas Children's Cancer Center, Baylor College of Medicine, Houston, TX 77030, USA.
3 Department of Pediatrics, Northwestern University, Chicago, IL 60611, USA.
4 Department of Pediatrics, Emory University, Atlanta, GA 30322, USA.
5 Department of Pathology, Hospital for Sick Children, Toronto, Ontario M5G 1X8, Canada.
6 Department of Pathology, UT Southwestern Medical Center, Dallas, TX 75390, USA.
7 Molecular and Cellular Oncology, University of Texas, MD Anderson Cancer Center, Houston, TX 77030, USA.
8 Brain Tumor Center, University of Texas, MD Anderson Cancer Center, Houston, TX 77030, USA.
9 Center for Cancer Epigenetics, University of Texas, MD Anderson Cancer Center, Houston, TX 77030, USA.
10 The University of Texas MD Anderson Cancer Center-University of Texas Health Science Center at Houston Graduate School of Biomedical Sciences, Houston, TX 77030, USA.

† Corresponding author. Email: vgopalak@mdanderson.org

* These authors contributed equally to this work.

要約

髄芽腫では、ソニックヘッジホッグ(SHH)経路よって促進される腫瘍、なかでもSHH-α(3〜16歳の小児)サブグループとSHH-β(乳幼児)サブグループの腫瘍において、RE1サイレンシング転写因子(REST)の発現と活性が促進される。ニューロンの成熟の度合はSHH-β腫瘍のほうがSHH-α腫瘍よりも高いものの、いずれのサブグループも患者の全生存率の低さと関連する。われわれは、分化系列決定済みのPtch1+/−小脳顆粒ニューロン前駆体(CGNP)において条件的にNeuroD2に調節されるREST導入遺伝子を発現させると腫瘍発生が加速され、浸透度が高まり、浸潤性疾患が促進されるようなトランスジェニックマウスモデル(RESTTG)を用いて、RESTの髄芽腫への寄与について調べた。このモデルによって、Ptch1の転写抑制因子RESTと活性化因子GLI1のあいだに働く、ニューロンの成熟段階特異的な拮抗性相互作用が明らかにされた。βアレスチン1(GLI1阻害因子)をコードするArrb1の発現は、増殖性RESTTG細胞では野生型増殖性CGNPよりも大幅に低下しており、分化系列決定済みのRESTTG細胞でも比較的差は小さいものの野生型増殖性CGNPよりも低下していた。分化系列決定済みのRESTTG細胞では、Ptch1座位におけるGLI1活性の低下とヒストンH3K9のメチル化の増加も認められ、これらはPtch1の早期サイレンシングに関連した。また、分化系列決定済みのRESTTG細胞では、キナーゼAKTの負の制御因子をコードするPtenの発現も減少していた。SHH-β髄芽腫患者のほうがSHH-α髄芽腫患者よりもPTCH1GLI1の発現は少なく、ARRB1の発現はいくぶん多かったが、いずれのサブタイプでも、PTENの発現は他のサブタイプの患者より同程度に少なかった。高REST培養髄芽腫細胞では、ヒストン修飾因子を阻害すると増殖が低下し、AKTを阻害するとアポトーシスが誘導された。RESTを髄芽腫組織における分化特異的クロマチンリモデリング、PTCH1サイレンシング、AKT活性化に関連づけた今回の知見は、髄芽腫患者のサブグループに特異的な治療標的候補を明らかにしている。

Citation: T. H. W. Dobson, R.-H. Tao, J. Swaminathan, S. Maegawa, S. Shaik, J. Bravo-Alegria,A. Sharma, B. Kennis, Y. Yang, K. Callegari, A. R. Haltom, P. Taylor, M. Kogiso, L. Qi, S. Khatua,S. Goldman, R. R. Lulla, J. Fangusaro, T. J. MacDonald, X.-N. Li, C. Hawkins, V. Rajaram,V. Gopalakrishnan, Transcriptional repressor REST drives lineage stage-specific chromatincompaction at Ptch1 and increases AKT activation in a mouse model of medulloblastoma. Sci.Signal. 12, eaan8680 (2019)

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2019年1月22日号

Editor's Choice

ERKシグナル伝達に圧力をかける

Research Article

転写抑制因子RESTは髄芽腫のマウスモデルにおいて、Ptch1座位で系列・分化段階特異的なクロマチン凝縮を引き起こし、AKT活性化を促進する

Research Resources

チロシンキナーゼシグナル伝達の系統的解析からHER2陽性乳がんにおける共通の適応応答プログラムが明らかに

Reviews

暗いリン酸化プロテオームを照らす

最新のResearch Article記事

2019年1月22日号

転写抑制因子RESTは髄芽腫のマウスモデルにおいて、Ptch1座位で系列・分化段階特異的なクロマチン凝縮を引き起こし、AKT活性化を促進する

2019年1月15日号

カドヘリン-11を介した筋線維芽細胞へのマクロファージの接着が、活性型TGF-βの線維化促進性ニッチを確立する

細胞活性化に対する個々のリガンド-受容体結合事象の確率論的順序のマッピング:T細胞はまれな事象に応答する

フィトスフィンゴシンとCD300bの相互作用がザイモサン誘発性一酸化窒素依存性の好中球動員を促進する

2019年1月8日号

マンガンはミクログリア細胞においてNLRP3インフラマソームシグナル伝達を活性化し、エクソソームによるASC放出を増やす