• ホーム
  • 分子時計の脱同期化は炎症反応の不均一性に寄与する

分子時計の脱同期化は炎症反応の不均一性に寄与する

Desynchronization of the molecular clock contributes to the heterogeneity of the inflammatory response

Research Article

Sci. Signal. 05 Mar 2019:
Vol. 12, Issue 571, eaau1851
DOI: 10.1126/scisignal.aau1851

Nancy C. Allen1,*, Naomi H. Philip1, Lucy Hui1, Xu Zhou1, Ruth A. Franklin1, Yong Kong1,2, and Ruslan Medzhitov3,†

1 Department of Immunobiology, Yale University School of Medicine, New Haven, CT 06510, USA.
2 Department of Molecular Biophysics and Biochemistry, Yale University School of Medicine, New Haven, CT 06510, USA.
3 Howard Hughes Medical Institute, Department of Immunobiology, Yale University School of Medicine, New Haven, CT 06510, USA.

† Corresponding author. Email: ruslan.medzhitov@yale.edu

* Present address: Division of Pulmonary, Critical Care, Allergy and Sleep Medicine, Department of Medicine, University of California, San Francisco, San Francisco, CA 94143, USA.

要約

遺伝的および発生的に同等な細胞の挙動の不均一性はますます高く評価されつつある。内因性および外因性ノイズの両方を含む、細胞の不均一性にはいくつかの原因がある。われわれは、細菌性リポ多糖(LPS)に対するマクロファージの応答における不均一性のいくつかの側面が、分子時計、すなわち細胞内在性振動子の細胞間非同期化によるものであることを見出した。時計の逆相で発現される2つの時計遺伝子、Nfil3およびDbpの相対的な発現比が、LPSに応答してサイトカインIL-12p40を産生する細胞の割合を決定することを見出した。時計は、さまざまな環境刺激によって同期されうるため、集団レベルの不均一性と炎症反応を調節可能な機構となる。

Citation: N. C. Allen, N. H. Philip, L. Hui, X. Zhou, R. A. Franklin, Y. Kong, R. Medzhitov, Desynchronization of the molecular clock contributes to the heterogeneity of the inflammatory response. Sci. Signal. 12, eaau1851 (2019).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2019年3月5日号

Editor's Choice

ウイルス感染のRBPオミクス

Research Article

興奮性ニューロン特異的なSHP2-ERKシグナル伝達ネットワークがシナプスの可塑性と記憶を調節する

分子時計の脱同期化は炎症反応の不均一性に寄与する

フコース結合性細菌レクチンによる糖質依存性のB細胞活性化

最新のResearch Article記事

2019年3月5日号

興奮性ニューロン特異的なSHP2-ERKシグナル伝達ネットワークがシナプスの可塑性と記憶を調節する

分子時計の脱同期化は炎症反応の不均一性に寄与する

フコース結合性細菌レクチンによる糖質依存性のB細胞活性化

2019年2月26日号

慢性的TGF-β曝露はEMT安定化、腫瘍幹細胞性、抗がん剤耐性を促進し、バイトピックなmTOR阻害に対して脆弱性を示す

免疫代謝によるTCR再利用とiNKT細胞機能の制御