• ホーム
  • CRACチャネルはアストロサイトのCa2+シグナル伝達とグリオトランスミッター放出を制御して海馬のGABA作動性伝達を調節する

CRACチャネルはアストロサイトのCa2+シグナル伝達とグリオトランスミッター放出を制御して海馬のGABA作動性伝達を調節する

CRAC channels regulate astrocyte Ca2+ signaling and gliotransmitter release to modulate hippocampal GABAergic transmission

Research Article

Sci. Signal. 21 May 2019:
Vol. 12, Issue 582, eaaw5450
DOI: 10.1126/scisignal.aaw5450

Anna B. Toth1, Kotaro Hori1, Michaela M. Novakovic1, Natalie G. Bernstein1, Laurie Lambot2, and Murali Prakriya1,*

1 Department of Pharmacology, Northwestern University Feinberg School of Medicine, Chicago, IL 60611, USA.
2 Department of Physiology, Northwestern University Feinberg School of Medicine, Chicago, IL 60611, USA.

* Corresponding author. Email: m-prakriya@northwestern.edu

要約

アストロサイト(星状膠細胞)は、脳内のグリア細胞(膠細胞)の主要なサブタイプであり、Ca2+によって制御されるシグナル伝達機構を介して、代謝の補助からグリオトランスミッターの放出までの数多くの機能を調節する。強い関心が集まっているにもかかわらず、アストロサイトのCa2+流入経路はまだ明らかにされておらず、Ca2+シグナル伝達がアストロサイトによって調節される下流のエフェクター機能と共役する仕組みについての機構的な洞察の妨げになっている。本稿でわれわれは、アストロサイトにおいて代謝調節型プリン作動性受容体とプロテアーゼ活性化受容体が刺激されたあとに持続性のCa2+振動シグナルを駆動させる主要なCa2+流入ルートとして、Orai1およびSTIM1にコードされているストア作動性Ca2+放出活性化Ca2+(CRAC)チャネルを同定した。シナプスフルオリン(synapto pHluorin)を光学的レポーターとして用い、アストロサイトのCRACチャネルの開孔が小胞の開口分泌を刺激してATPなどのグリオトランスミッターの放出を調節することを明らかにした。さらに、切片を用いた電気生理学的記録によって、プロテアーゼ活性化受容体によるアストロサイトの活性化がCA1海馬の介在ニューロンを刺激し、CA1錐体細胞の抑制性シナプス後電流を増強させることも明らかにされた。これらの結果は、CRACチャネルが、アストロサイトのCa2+シグナル伝達、グリオトランスミッター放出、アストロサイトを介したCA1錐体ニューロンの持続性抑制の調節因子として中心的役割を果たしていることを明らかにしている。

Citation: A. B. Toth, K. Hori, M. M. Novakovic, N. G. Bernstein, L. Lambot, M. Prakriya, CRAC channels regulate astrocyte Ca2+ signaling and gliotransmitter release to modulate hippocampal GABAergic transmission. Sci. Signal. 12, eaaw5450 (2019).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2019年5月21日号

Editor's Choice

新たなつながり:疾患におけるマクロファージを解読する

Research Article

CRACチャネルはアストロサイトのCa2+シグナル伝達とグリオトランスミッター放出を制御して海馬のGABA作動性伝達を調節する

mTORC1はTGF-β1誘発性のコラーゲン生合成時にATF4依存的新規セリン-グリシン経路を増幅しグリシンを供給する

IRF2はピロトーシスのためにGSDMD発現を転写レベルで誘導する

最新のResearch Article記事

2019年10月1日号

複数生物種でCDK4/6阻害とVHL欠損の間に認められるHIF非依存性合成致死性

LGP2はPACTに結合しRIG-IおよびMDA5を介した抗ウイルス応答を調節する

2019年9月24日号

標的療法に対するKRAS変異アレル特異的な反応のシステム機構

脳由来神経栄養因子による感覚ニューロンT型Ca2+チャネルの刺激は末梢痛覚感受性の増加に寄与する

2019年9月17日号

腫瘍由来のTGF-βがミトコンドリア呼吸を阻害してヒトCD4+T細胞によるIFN-γ産生を抑制する