• ホーム
  • 代替ZAP70-p38シグナルはLATおよびSOSを介した古典的p38経路をプライミングし調節性T細胞分化を支持する

代替ZAP70-p38シグナルはLATおよびSOSを介した古典的p38経路をプライミングし調節性T細胞分化を支持する

Alternative ZAP70-p38 signals prime a classical p38 pathway through LAT and SOS to support regulatory T cell differentiation

Research Article

Sci. Signal. 23 Jul 2019:
Vol. 12, Issue 591, eaao0736
DOI: 10.1126/scisignal.aao0736

Jesse E. Jun1,*, Kayla R. Kulhanek1,*, Hang Chen2, Arup Chakraborty2, and Jeroen P. Roose1,†

1 Department of Anatomy, University of California, San Francisco, San Francisco, CA 94143, USA.
2 Departments of Chemical Engineering, Chemistry, and Biological Engineering, Massachusetts Institute of Technology, 77 Massachusetts Avenue, Cambridge, MA 02139, USA.

† Corresponding author. Email: jeroen.roose@ucsf.edu

* These authors contributed equally to this work.

要約

T細胞受容体(TCR)刺激は、マイトジェン活性化プロテインキナーゼ(MAPK)ERKおよびp38、ホスホイノシチド3-キナーゼ(PI3K)、ならびにキナーゼmTORを含む多様なキナーゼ経路を活性化する。TCR刺激は、アダプタータンパク質LATにより媒介される「古典的」MAPKカスケードを介してp38経路を活性化するが、それはまた、p38がキナーゼZAP70により活性化される「代替」経路も刺激する。ここで、われわれは、二重パラメーター、ホスホフローサイトメトリーおよびin silico計算を用いて、古典的および代替の両方のp38経路がいかにT細胞活性化に寄与するかを調べた。われわれは、休止T細胞株における基底ZAP70活性化が古典的p38経路の閾値(「準備刺激」)TCR刺激活性化を低下させることを見出した。古典的p38シグナルは、LATシグナロソームの必須成分であるグアニンヌクレオチド交換因子Sos1およびSos2をT細胞特異的に欠失すると減少した。Sos1/2欠損の結果として、サイトカインIL-2の産生が損なわれ、調節性T細胞への分化が減少し、マウスにおいて自己免疫疾患EAEが悪化した。これらのデータは、古典的および代替p38活性化経路が免疫バランスを生み出すために存在することを示唆する。

Citation: J. E. Jun, K. R. Kulhanek, H. Chen, A. Chakraborty, J. P. Roose, Alternative ZAP70-p38 signals prime a classical p38 pathway through LAT and SOS to support regulatory T cell differentiation. Sci. Signal. 12, eaao0736 (2019).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2019年7月23日号

Editor's Choice

腸内細菌が食物アレルギーを決定する

Research Article

脂肪細胞はmiR-211の発現を抑制することによってメラノーマ細胞を環境TGF-βシグナルに対して感作させる

代替ZAP70-p38シグナルはLATおよびSOSを介した古典的p38経路をプライミングし調節性T細胞分化を支持する

最新のResearch Article記事

2020年6月30日号

ERシャペロンカルネキシンはミトコンドリアの位置と呼吸を制御する

脊髄後角でのCbl-bによるGluN2Bサブユニット含有NMDA受容体のユビキチン化と機能修飾

2020年6月23日号

TRPML1チャネルが血管平滑筋細胞におけるCa2+スパークを引き起こす

PI3KおよびGTPase非依存的なRac1-mTOR機構はMET駆動性の足場非依存性細胞増殖を媒介するが細胞移動は媒介しない

2020年6月16日号

Smchd1のヒンジ領域の結晶構造からその二量体化の機序と核酸結合残基が明らかに