• ホーム
  • CD45はT細胞におけるシグナル伝達のゲートキーパーとして機能する

CD45はT細胞におけるシグナル伝達のゲートキーパーとして機能する

CD45 functions as a signaling gatekeeper in T cells

Research Article

Sci. Signal. 22 Oct 2019:
Vol. 12, Issue 604, eaaw8151
DOI: 10.1126/scisignal.aaw8151

Adam H. Courtney1,2,*, Alexey A. Shvets3, Wen Lu1, Gloria Griffante4,†, Marianne Mollenauer5, Veronika Horkova6, Wan-Lin Lo1, Steven Yu5, Ondrej Stepanek6, Arup K. Chakraborty3,7,8,9,10, and Arthur Weiss1,5,*

1 Rosalind Russell and Ephraim P. Engleman Arthritis Research Center, Division of Rheumatology, Department of Medicine, University of California, San Francisco, San Francisco, CA 94143, USA.
2 Department of Pharmacology, University of Michigan, Ann Arbor, MI 48109, USA.
3 Institute for Medical Engineering and Science, Massachusetts Institute of Technology, Cambridge, MA 02139, USA.
4 Division of Molecular Immunology, Department of Internal Medicine, University Hospital Erlangen and Friedrich-Alexander University of Erlangen-Nürnberg, 91054 Erlangen, Germany.
5 Howard Hughes Medical Institute (HHMI), San Francisco, CA 94143, USA.
6 Laboratory of Adaptive Immunity, Institute of Molecular Genetics of the Czech Academy of Sciences, 142 20 Prague 4, Czech Republic.
7 Department of Chemical Engineering, Massachusetts Institute of Technology, Cambridge, MA 02139, USA.
8 Department of Physics, Massachusetts Institute of Technology, Cambridge, MA 02139, USA.
9 Ragon Institute of Massachusetts General Hospital, Massachusetts Institute of Technology and Harvard University, Cambridge, MA 02139, USA.
10 Department of Chemistry, Massachusetts Institute of Technology, Cambridge, MA 02139, USA.

* Corresponding author. Email: aweiss@medicine.ucsf.edu (A.W.); adamhc@umich.edu (A.H.C.)

† Present address: Department of Public Health and Pediatric Sciences, University of Turin, 10126 Turin, Italy.

要約

T細胞が抗原を検出し、応答するためにはプロテインチロシンホスファターゼCD45が必要である。これは、CD45が、T細胞受容体(TCR)複合体をリン酸化するSrcファミリーキナーゼLckを活性化するためである。CD45は、負に制御するキナーゼであるCskに拮抗することによって、Lckを活性化する。これとは矛盾することに、CD45は、Lckの作用領域と同じTCR複合体内のシグナル伝達モチーフを脱リン酸化することにより、TCRシグナル伝達の抑制にも関与している。われわれはCsk/CD45制御軸の化学的および遺伝的撹乱を計算解析に取り入れ、これらの矛盾する事象が調和する機構の解明を試みた。具体的には、CskおよびCD45の活性を測定し、Lck活性化、TCR結合ζ鎖リン酸化およびさらに下流のシグナル伝達イベントに対するそれらの影響を評価した。Cskの急速阻害により、CD45はζ鎖リン酸化を抑制すること、またCD45は活性Lckの制御可能プールに必要であり、抗原識別を調節するCD45の活性作用と抑制作用を相互接続することが明らかになった。CD45は、抗原非依存的または低親和性抗原によって誘導されたシグナル伝達イベントを抑制したが、高親和性抗原によって惹起されたイベントは抑制しなかった。これらの結果から、シグナル伝達の「ゲートキーパー」として作用し、段階的なシグナル伝達アウトプットを可能にする一方で、微弱または疑似シグナル伝達イベントをフィルタリングすることが明らかになった。

Citation: A. H. Courtney, A. A. Shvets, W. Lu, G. Griffante, M. Mollenauer, V. Horkova, W.-L. Lo, S. Yu, O. Stepanek, A. K. Chakraborty, A. Weiss, CD45 functions as a signaling gatekeeper in T cells. Sci. Signal. 12, eaaw8151 (2019).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2019年10月22日号

Editor's Choice

糖尿病への煙った道

Research Article

改変されたN-ヒドロキシピペコリン酸合成経路がトマトの全身獲得抵抗性を増強する

CD45はT細胞におけるシグナル伝達のゲートキーパーとして機能する

代謝静止状態の誘導が移行性B細胞から濾胞性B細胞へのスイッチを定義する

最新のResearch Article記事

2019年12月3日号

β細胞におけるハイプシン生合成がポリアミン代謝を条件的な細胞増殖に結び付けてグルコース恒常性を維持する

セラミド-1-リン酸とIVA型細胞質ホスホリパーゼA2の相互作用は急性創傷の治癒と修復を調節する

バイアスM1受容体ポジティブアロステリックモジュレータがM1依存性げっ歯類皮質可塑性におけるホスホリパーゼDの役割を明らかに

2019年11月26日号

ストレス活性化プロテインキナーゼHog1によるチオールベースの直接的危険感知

PKR依存性の細胞質cGASフォーカスは細胞内DNAセンシングに必要である