• ホーム
  • TLR7とTLR8はRNAウイルス感染時に単球の異なる経路を活性化する

TLR7とTLR8はRNAウイルス感染時に単球の異なる経路を活性化する

TLR7 and TLR8 activate distinct pathways in monocytes during RNA virus infection

Research Article

Sci. Signal. 29 Oct 2019:
Vol. 12, Issue 605, eaaw1347
DOI: 10.1126/scisignal.aaw1347

Marine de Marcken*, Khushwant Dhaliwal, Ann Caroline Danielsen, Anne Sophie Gautron, and Margarita Dominguez-Villar†‡

Department of Neurology, Yale School of Medicine, New Haven, CT 06520, USA.

‡ Corresponding author. Email: m.dominguez-villar@imperial.ac.uk

* Present address: Department of Environmental and Occupational Health Sciences, University of Washington, Seattle, WA 98195-7234, USA.

† Present address: Department of Medicine, Imperial College London, W2 1PG London, UK.

要約

ヒト血液CD14+単球は、病原体を感知して応答する骨髄由来の白血球である。RNAウイルスによる自然免疫活性化は、細胞内RIG-I様受容体を優先的に介して起こるが、Toll様受容体(TLR)などの他の核酸認識受容体は、ウイルス感染の最終的な結果を細かくプログラミングする役割を果たす。本研究では、コクサッキー(CV)、脳心筋炎(EMCV)、インフルエンザA(IAV)、麻疹(MV)、センダイ(SV)、または水疱性口内炎(VSV)ウイルスの感染に対するヒト単球の応答を分析した。単球では、感染に対するI型インターフェロン(IFN)およびサイトカイン応答がRNAウイルス特異的であり、一本鎖RNAを感知するTLR7およびTLR8が差次的に関与していることがわかった。これらのTLRは、単球において異なるシグナル伝達カスケードを活性化し、CD4+ Tヘルパー細胞の極性化に関与するサイトカインの産生の差違と相関した。さらに、TLR7シグナル伝達により、転写因子FOSL1の発現が特異的に増加し、それにより単球によるIL-27およびTNFαの産生が減少することがわかった。TLR8ではなくTLR7による単球の活性化はCa2+流動も刺激し、I型IFN応答を妨げた。われわれの研究は、ヒト単球において、TLR7とTLR8がRNAウイルス感染時に異なる表現型に寄与する異なるシグナル伝達経路を誘発したことを示している。さらに、われわれは、特定のTヘルパーおよび抗ウイルス応答を促進するこれらの経路内の個別の標的を定義した。

Citation: M. de Marcken, K. Dhaliwal, A. C. Danielsen, A. S. Gautron, M. Dominguez-Villar, TLR7 and TLR8 activate distinct pathways in monocytes during RNA virus infection. Sci. Signal. 12, eaaw1347 (2019).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2019年10月29日号

Editor's Choice

炎症は幹細胞の静止状態を誘導する

Research Article

iRhom2は胆管閉塞誘発性の肝線維化を抑制する

TLR7とTLR8はRNAウイルス感染時に単球の異なる経路を活性化する

最新のResearch Article記事

2019年10月29日号

iRhom2は胆管閉塞誘発性の肝線維化を抑制する

TLR7とTLR8はRNAウイルス感染時に単球の異なる経路を活性化する

2019年10月22日号

改変されたN-ヒドロキシピペコリン酸合成経路がトマトの全身獲得抵抗性を増強する

CD45はT細胞におけるシグナル伝達のゲートキーパーとして機能する

代謝静止状態の誘導が移行性B細胞から濾胞性B細胞へのスイッチを定義する