• ホーム
  • 細胞外マトリックスタンパク質TasAは枯草菌(Bacillus subtilis)バイオフィルム内の運動性亜集団を維持する発生シグナルである

細胞外マトリックスタンパク質TasAは枯草菌(Bacillus subtilis)バイオフィルム内の運動性亜集団を維持する発生シグナルである

The extracellular matrix protein TasA is a developmental cue that maintains a motile subpopulation within Bacillus subtilis biofilms

Research Article

Sci. Signal. 19 May 2020:
Vol. 13, Issue 632, eaaw8905
DOI: 10.1126/scisignal.aaw8905

Nitai Steinberg1,2,*, Alona Keren-Paz1,*, Qihui Hou1, Shany Doron1, Keren Yanuka-Golub1, Tsviya Olender1, Rotem Hadar1,†, Gili Rosenberg1, Rakeshkumar Jain1, Jesus Cámara-Almirón2, Diego Romero2, Sven van Teeffelen3, and Ilana Kolodkin-Gal1,‡

  1. 1 Department of Molecular Genetics, Weizmann Institute of Science, Rehovot, Israel.
  2. 2 Instituto de Hortofruticultura Subtropical y Mediterránea "La Mayora", Departamento de Microbiología, Universidad de Málaga, Málaga, Spain.
  3. 3 Department of Microbiology, Institute Pasteur, Paris, France.

‡ Corresponding author. Email: ilana.kolodkin-gal@weizmann.ac.il

* These authors contributed equally to this work.

† Present address: Chaim Sheba Medical Center, Tel-Hashomer, Ramat-Gan, Israel.

要約

自然界では、細菌はバイオフィルム、すなわち表面に付着する分化した多細胞群集を形成する。これらの総じて固着性のバイオフィルム内で、一部の細胞は運動性遺伝子を発現し続ける。われわれは、この亜集団によって、枯草菌(Bacillus subtilis)バイオフィルムが高摩擦表面で拡張できることを見出した。細胞外マトリックス(ECM)タンパク質であるTasAが、鞭毛遺伝子の発現に必要とされた。TasAは、細胞付着のための接着性線維としての構造的役割に加えて、一部のバイオフィルム細胞を刺激して運動性表現型に戻す、発生シグナルとして作用した。トランスクリプトーム解析によって、TasAは、その産物が運動性を促進するとともにECM産生を抑制する、特異的サブセットの遺伝子の発現を刺激することが明らかになった。TasAの非存在下で運動性を回復させたサプレッサー突然変異から、バイオフィルム‐運動性スイッチの2成分系CssR/CssSによる活性化が、TasAを介するバイオフィルム細胞の運動性復帰に拮抗することが明らかになった。われわれの結果から、バイオフィルムは、大部分が固着性であるが、運動性亜集団を能動的に維持することによって、ある程度の運動性を保持することが示唆される。

Citation: N. Steinberg, A. Keren-Paz, Q. Hou, S. Doron, K. Yanuka-Golub, T. Olender, R. Hadar, G. Rosenberg, R. Jain, J. Cámara-Almirón, D. Romero, S. van Teeffelen, I. Kolodkin-Gal, The extracellular matrix protein TasA is a developmental cue that maintains a motile subpopulation within Bacillus subtilis biofilms. Sci. Signal. 13, eaaw8905 (2020).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2020年5月19日号

Editor's Choice

自己阻害を克服する

Research Article

細胞外マトリックスタンパク質TasAは枯草菌(Bacillus subtilis)バイオフィルム内の運動性亜集団を維持する発生シグナルである

プロテインキナーゼAによる制御ネットワークは短命および長命の細胞記憶をコードする

最新のResearch Article記事

2020年7月7日号

BMP-1はマトリックス細胞タンパク質トロンボスポンジン1の切断を介して細胞接着を破壊し、TGF-β活性化を増強する

可逆的システイン酸化によるオーロラAの制御から、進化的に保存されているSer/Thrプロテインキナーゼ活性のレドックス制御が明らかに

フルクトサミン-3-キナーゼのレドックス活性スイッチはプロテインキナーゼスーパーファミリーの調節レパートリーを拡大する

2020年6月30日号

ERシャペロンカルネキシンはミトコンドリアの位置と呼吸を制御する

脊髄後角でのCbl-bによるGluN2Bサブユニット含有NMDA受容体のユビキチン化と機能修飾