• ホーム
  • フィブロネクチンの酸化的架橋はプロテアーゼ耐性を付与し細胞移動を阻害する

フィブロネクチンの酸化的架橋はプロテアーゼ耐性を付与し細胞移動を阻害する

Oxidative cross-linking of fibronectin confers protease resistance and inhibits cellular migration

Research Article

Sci. Signal. 11 Aug 2020:
Vol. 13, Issue 644, eaau2803
DOI: 10.1126/scisignal.aau2803

Morgan L. Locy1, Sunad Rangarajan1, Sufen Yang1, Mark R. Johnson1, Karen Bernard1, Ashish Kurundkar1, Nathaniel B. Bone1, Jaroslaw W. Zmijewski1, Jaeman Byun2, Subramaniam Pennathur2,3, Yong Zhou1, and Victor J. Thannickal1,*

  1. 1 Division of Pulmonary, Allergy, and Critical Care Medicine, Department of Medicine, University of Alabama, Birmingham, AL 35294, USA.
  2. 2 Division of Nephrology, Department of Internal Medicine, University of Michigan, Ann Arbor, MI 48109, USA.
  3. 3 Computational Medicine and Biology, University of Michigan, Ann Arbor, MI 48109, USA.

* Corresponding author. Email: vthannickal@uabmc.edu

要約

細胞外タンパク質にo,o′-ジチロシン架橋を生成するチロシン残基の酸化は、無脊椎動物のさまざまな状況における細胞外マトリックス(ECM)の適切な機能に必要である。チロシン酸化は、脊椎動物における甲状腺ホルモンの生合成にも必要であり、筋線維芽細胞によって分泌される細胞外タンパク質で起こる酸化的架橋反応の証拠がある。ECMタンパク質フィブロネクチンは、システインの酸化によって生成されたジスルフィド架橋を介して二量体化する球状タンパク質として血液中を循環する。われわれは、トランスフォーミング増殖因子-β1(TGF-β1)で活性化されたヒト筋線維芽細胞の表面にある細胞性(フィブリル)フィブロネクチンが、ジスルフィド架橋を破壊する還元条件下でo,o′-ジチロシン架橋により多量体化するが、可溶性フィブロネクチンはしないことを見出した。チロシン残基に対するこの反応には、創傷治癒および線維形成過程に積極的に関与している、TGF-β1に依存した過酸化水素の生成と炎症細胞に由来するミエロペルオキシダーゼ(MPO)の存在の両方が必要であった。マトリックスフィブロネクチンの酸化的架橋は、上皮と線維芽細胞の両方の移動を減衰させ、複数のプロテアーゼによるタンパク質分解に対する耐性を付与した。循環o,o′-ジチロシン修飾フィブロネクチンの存在量は、肺線維症のマウスモデルおよび間質性肺疾患のヒト被験者で、対照の健常者と比較して増加していた。これらの研究は、チロシンが炎症条件下のフィブリル状フィブロネクチンで安定した共有結合を受けることができ、この修飾がそのような修飾マトリックス上での細胞の移動挙動に影響を与えることを示し、この修飾が生理学的および病態生理学的組織修復の両方に役割を果たす可能性があることを示唆している。

Citation: M. L. Locy, S. Rangarajan, S. Yang, M. R. Johnson, K. Bernard, A. Kurundkar, N. B. Bone, J. W. Zmijewski, J. Byun, S. Pennathur, Y. Zhou, V. J. Thannickal, Oxidative cross-linking of fibronectin confers protease resistance and inhibits cellular migration. Sci. Signal. 13, eaau2803 (2020).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2020年8月11日号

Editor's Choice

PHD3なしで運動改善

Research Article

PERKのキナーゼ挿入ループを標的化するとマウスにおいて全身毒性を伴わずにPERKシグナル伝達が選択的に調節される

フィブロネクチンの酸化的架橋はプロテアーゼ耐性を付与し細胞移動を阻害する

最新のResearch Article記事

2021年1月5日号

ミトコンドリアDNAの変化がフマル酸ヒドラターゼ欠損腎がんにおける好気的解糖への不可逆的シフトの基礎にある

カンピロバクター・ジェジュニの化学受容器Tlp10は二峰性のリガンド結合ドメインと複数のクラスの化学エフェクターへの特異性を持つ

2020年12月22日号

Akt1-CREB経路の活性化によりRNF146発現が促進され、PARP1を介する神経細胞死が抑制される

2020年12月15日号

Aβオリゴマーはアルツハイマー病モデルマウスにおいて病態生理学的なmGluR5シグナル伝達を性選択的に誘導する

TGF-βシグナル伝達におけるSMAD2による転写コアクチベーター認識の構造的基盤