• ホーム
  • マウスにおいて、管腔上皮細胞からの胚盤胞誘発性ATP放出はP2Y2受容体を介して脱落膜化を開始する

マウスにおいて、管腔上皮細胞からの胚盤胞誘発性ATP放出はP2Y2受容体を介して脱落膜化を開始する

Blastocyst-induced ATP release from luminal epithelial cells initiates decidualization through the P2Y2 receptor in mice

Research Article

Sci. Signal. 25 Aug 2020:
Vol. 13, Issue 646, eaba3396
DOI: 10.1126/scisignal.aba3396

Xiao-Wei Gu, Zi-Cong Chen, Zhen-Shan Yang, Yan Yang, Ya-Ping Yan, Yue-Fang Liu, Ji-Min Pan, Ren-Wei Su, and Zeng-Ming Yang*

College of Veterinary Medicine, South China Agricultural University, Guangzhou 510642, China.

* Corresponding author. Email: zmyang@scau.edu.cn

要約

胚着床は、胚盤胞の脱落膜への侵入に必要な無菌の炎症反応を伴う。ストレスを受けた、または負傷した細胞から放出されたアデノシン三リン酸(ATP)は、無菌炎症を含む多くの鍵となる生理学的事象を調節する重要なシグナル伝達分子として機能する。われわれは、マウスの子宮内腔液中のATP量が着床前期に増加し、これは胚の存在に依存することを見出した。さらに、受容上皮細胞からのATPの放出が、コネキシンヘミチャネルを介して胚盤胞から放出された乳酸により刺激された可能性が高いことも示した。ATP受容体P2y2は、着床前期に子宮上皮細胞に存在し、脱落膜化が始まった時期の間質細胞で増加した。P2y2の薬理学的阻害は、脱落膜化と着床を損なった。ATP-P2y2シグナル伝達は、子宮内腔上皮細胞におけるStat3のリン酸化とearly growth response 1Egr1)およびprostaglandin-endoperoxide synthase 2Ptgs2、別名Cox-2)の発現を刺激した。それらすべては、間質細胞で脱落膜化および/または着床に必要とされる。高濃度のATPへの短時間の曝露は、初代間質細胞の脱落膜化を促進したが、より長時間の曝露またはより低いATP濃度では促進しなかった。ATP分解エクトヌクレオチダーゼをコードする遺伝子の発現は、着床前期の脱落膜で増加し、ATPシグナルの持続時間を制限する可能性があることを示唆した。合わせると、われわれの結果は、着床前期に子宮上皮細胞からのATPの胚盤胞誘導性放出が間質細胞脱落膜化の開始に重要である可能性を示している。

Citation: X.-W. Gu, Z.-C. Chen, Z.-S. Yang, Y. Yang, Y.-P. Yan, Y.-F. Liu, J.-M. Pan, R.-W. Su, Z.-M. Yang, Blastocyst-induced ATP release from luminal epithelial cells initiates decidualization through the P2Y2 receptor in mice. Sci. Signal. 13, eaba3396 (2020).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2020年8月25日号

Editor's Choice

増殖因子とSARS-CoV-2

Research Article

マウスにおいて、管腔上皮細胞からの胚盤胞誘発性ATP放出はP2Y2受容体を介して脱落膜化を開始する

MKP5のアロステリック部位によって低分子阻害の戦略が明らかに

最新のResearch Article記事

2021年1月5日号

ミトコンドリアDNAの変化がフマル酸ヒドラターゼ欠損腎がんにおける好気的解糖への不可逆的シフトの基礎にある

カンピロバクター・ジェジュニの化学受容器Tlp10は二峰性のリガンド結合ドメインと複数のクラスの化学エフェクターへの特異性を持つ

2020年12月22日号

Akt1-CREB経路の活性化によりRNF146発現が促進され、PARP1を介する神経細胞死が抑制される

2020年12月15日号

Aβオリゴマーはアルツハイマー病モデルマウスにおいて病態生理学的なmGluR5シグナル伝達を性選択的に誘導する

TGF-βシグナル伝達におけるSMAD2による転写コアクチベーター認識の構造的基盤