• ホーム
  • インターロイキン7がアデノシンによる免疫抑制からCD8+ T細胞を保護する

インターロイキン7がアデノシンによる免疫抑制からCD8+ T細胞を保護する

Interleukin-7 protects CD8+ T cells from adenosine-mediated immunosuppression

Research Article

Sci. Signal. 16 Mar 2021:
Vol. 14, Issue 674, eabb1269
DOI: 10.1126/scisignal.abb1269

Altay Koyas1,*, Suat Tucer1,*, Merve Kayhan1, Ali Can Savas1, Imran Akdemir1, and Caglar Cekic1,2,†

  1. 1 Department of Molecular Biology and Genetics, Bilkent University, Ankara 06800, Turkey.
  2. 2 Division of Developmental Immunology, La Jolla Institute for Immunology, La Jolla, CA 92037, USA.

† Corresponding author. Email: caglar.cekic@bilkent.edu.tr

* These authors contributed equally to this work.

要約

ヌクレオチドのアデノシンは、固形腫瘍の細胞外に蓄積し、アデノシン受容体を活性化することによってCD8+ T細胞を阻害する。サイトカインのインターロイキン7(IL-7)は、多様な組織や腫瘍で産生され、T細胞の生存と維持を促進する。アデノシンとIL-7シグナル伝達は個別に、もしくは固形腫瘍の徴候に対する他の治療法と組み合わせて、臨床的に標的にされている。本研究でわれわれは、IL-7シグナル伝達が、アデノシンを介した免疫抑制を妨げることによって、部分的に腫瘍関連CD8+ T細胞の蓄積を促進することを明らかにした。IL-7受容体シグナル伝達の下流にある転写因子FoxO1の阻害は、アデノシンによる抑制からCD8+ T細胞を保護するうえで重要であった。これらの知見は、アデノシン経路を標的とするがん免疫療法への新たなアプローチの開発にとって意義がある。

Citation: A. Koyas, S. Tucer, M. Kayhan, A. C. Savas, I. Akdemir, C. Cekic, Interleukin-7 protects CD8+ T cells from adenosine-mediated immunosuppression. Sci. Signal. 14, eabb1269 (2021).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2021年3月16日号

Editors' Choice

転移性のNETを標的にする

Research Article

インターロイキン7がアデノシンによる免疫抑制からCD8+ T細胞を保護する

Research Resources

痛みの機構と治療標的を発見するためのリガンド-受容体インタラクトームのプラットフォーム

最新のResearch Article記事

2024年7月16日号

ヒト単球ではグルコース-酸素の欠乏がHMGCR機能とRac1のプレニル化を抑制し、NLRP3インフラマソームを活性化している

2024年7月16日号

Kv1.3誘導性過分極はカポジ肉腫関連ヘルペスウイルスの効率的な溶解複製に必要である

2024年7月9日号

潜在型細胞外マトリックス複合体からのTGF-β1放出を阻害する抗体が腎線維化の進行を軽減する

2024年7月2日号

改変ミニGタンパク質は対応するGPCRの内在化を妨げ、下流の細胞内シグナル伝達を阻害する

2024年7月2日号

YAPはTEAD–NF-κB複合体を抑制して淡明細胞型腎細胞がんの成長を阻害する