• ホーム
  • プロテインキナーゼKin1およびKin2によるPal2のリン酸化は酵母の小胞体ストレス応答におけるHAC1 mRNAスプライシングを調節する

プロテインキナーゼKin1およびKin2によるPal2のリン酸化は酵母の小胞体ストレス応答におけるHAC1 mRNAスプライシングを調節する

Phosphorylation of Pal2 by the protein kinases Kin1 and Kin2 modulates HAC1 mRNA splicing in the unfolded protein response in yeast

Research Article

Science Signaling 25 May 2021:
Vol. 14, Issue 684, eaaz4401
DOI: 10.1126/scisignal.aaz4401

Chandrima Ghosh1†, Jagadeesh Kumar Uppala1†, Leena Sathe1, Charlotte I. Hammond2, Ashish Anshu1, P. Raj Pokkuluri3, Benjamin E. Turk4, Madhusudan Dey1*

  1. 1 Department of Biological Sciences, University of Wisconsin-Milwaukee, Milwaukee, WI 53211, USA.
  2. 2 Department of Biological Sciences, Quinnipiac University, Hamden, CT 06518, USA.
  3. 3 Bioscience Division, Argonne National Laboratory, Lemont, IL 60439, USA.
  4. 4 Department of Pharmacology, Yale University School of Medicine, New Haven, CT 06520, USA.

* Corresponding author. Email: deym@uwm.edu

† These authors contributed equally to this work.

要約

出芽酵母(Saccharomyces cerevisiae)の細胞ストレス時に、小胞体(ER)に存在する二元的キナーゼ・RNアーゼ Ire1は、細胞質においてHAC1 mRNAからイントロンをスプライシングし、それによりその翻訳ブロックを解放する。次に、Hac1タンパク質は、小胞体ストレス応答(UPR)と呼ばれる適応的細胞ストレス応答を活性化し、ERホメオスタシスを維持する。極性誘導に関わるプロテインキナーゼKin1およびKin2は、HAC1 mRNAプロセッシングに寄与する。ここでは、エンドサイトーシスタンパク質Pal1とPal2を含むRNA-タンパク質複合体がKin1とKin2の下流でHAC1 mRNAスプライシングを媒介することを示した。Pal1とPal2はHAC1 mRNAの3' 非翻訳領域(3'UTR)に結合し、Pal1とPal2の両方を欠く酵母株がHAC1 mRNAプロセッシングが欠損していた。また、Kin1とKin2はPal2を直接リン酸化し、リン酸化不能なPal2変異体がpal1Δ pal2Δ株のUPR欠損を救済できないことも示した。したがって、われわれの研究は、HAC1 mRNAプロセッシングとERホメオスタシスを調整するKin1/2-Pal2シグナル伝達経路を明らかにしている。

Citation: C. Ghosh, J. K. Uppala, L. Sathe, C. I. Hammond, A. Anshu, P. R. Pokkuluri, B. E. Turk, M. Dey, Phosphorylation of Pal2 by the protein kinases Kin1 and Kin2 modulates HAC1 mRNA splicing in the unfolded protein response in yeast. Sci. Signal. 14, eaaz4401 (2021).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2021年5月25日号

Editor's Choice

グルコース代謝を強いられる

Research Article

NK細胞が免疫シナプスを構築する際には広い領域のシグナルを統合するが、脱顆粒には局所刺激が必要

プロテインキナーゼKin1およびKin2によるPal2のリン酸化は酵母の小胞体ストレス応答におけるHAC1 mRNAスプライシングを調節する

最新のResearch Article記事

2021年10月5日号

cAMP生成の空間バイアスがPTH 1型受容体活性化に対する生物学的応答を決定する

T細胞の4つのPGE2受容体の個別および共通のシグナル伝達ネットワークを、システムズ・アプローチから解明

2021年9月28日号

SIRPαはSHP-2を隔離してIL-4およびIL-13のシグナル伝達とマクロファージのオルタナティブ活性化を促進する

メタボロミクスによるT細胞誘導性大腸炎の活性スクリーニングから抗炎症性代謝物を解明

2021年9月21日号

ラパマイシンの範囲を超えるmTORC1の生物学を解明する