• ホーム
  • 酵母ではコンビナトリアルなリン酸化がGタンパク質γサブユニットの構造と機能を調節している

酵母ではコンビナトリアルなリン酸化がGタンパク質γサブユニットの構造と機能を調節している

Combinatorial phosphorylation modulates the structure and function of the G protein γ subunit in yeast

Research Article

Science Signaling 22 Jun 2021:
Vol. 14, Issue 688, eabd2464
DOI: 10.1126/scisignal.abd2464

Zahra Nassiri Toosi1, Xinya Su1, Ruth Austin1, Shilpa Choudhury1, Wei Li1,2, Yui Tik Pang3, James C. Gumbart3, Matthew P. Torres1,2*

  1. 1 School of Biological Sciences, Georgia Institute of Technology, Atlanta, GA 30332, USA.
  2. 2 Southeast Center for Mathematics and Biology, Georgia Institute of Technology, Atlanta, GA 30332, USA.
  3. 3 School of Physics, Georgia Institute of Technology, Atlanta, GA 30332, USA.

* Corresponding author. Email: mtorres35@gatech.edu

要約

タンパク質の天然変性領域(IDR)はしばしば、タンパク質の構造と機能を調節する働きをするコンビナトリアルな翻訳後修飾の標的となっている。新たなエビデンスから、ヘテロ三量体Gタンパク質の必須構成要素であるGタンパク質γサブユニットのN末端テールが、Gタンパク質シグナル伝達の天然変性のリン酸化依存性決定因子であることが示唆されている。今回われわれは、酵母のGγサブユニットSte18が、そのN末端のIDRにおいてコンビナトリアルな複数部位のリン酸化を受けていることを見いだした。Gタンパク質共役受容体(GPCR)の活性化および浸透ストレスはSer7でのリン酸化を誘導し、一方でグルコースと酸ストレスはSer3でのリン酸化を誘導し、これは細胞内pHの量的指標となっていた。各部位は異なる一連のキナーゼによってリン酸化されており、さらに、連続刺激への曝露とリン酸化部位の変異導入を通して明らかにされたように、1つの部位のリン酸化は他の部位のリン酸化に影響していた。最後にわれわれは、リン酸化によってIDRの構造の変化が生じ、さらにリン酸化イベントの多様な組み合わせが、その下流に位置するマイトジェン活性化プロテインキナーゼFus3の活性化の速度と大きさを調節したことを明らかにした。これらのデータから、天然変性タンパク質の中でもGγサブユニットが、コンビナトリアルな翻訳後修飾を受けてシグナル伝達経路のアウトプットを支配していることが示された。

Citation: Z. Nassiri Toosi, X. Su, R. Austin, S. Choudhury, W. Li, Y. T. Pang, J. C. Gumbart, M. P. Torres, Combinatorial phosphorylation modulates the structure and function of the G protein γ subunit in yeast. Sci. Signal. 14, eabd2464 (2021).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2021年6月22日号

Editor's Choice

損傷を置き去りにする

Research Article

TSHZ2はEGFによって調節される腫瘍抑制因子であり、細胞質分裂制御因子PRC1に結合して転移を抑制する

酵母ではコンビナトリアルなリン酸化がGタンパク質γサブユニットの構造と機能を調節している

肝再生時のNotch-IGF1シグナル伝達は胆管上皮細胞の増殖を促進し肝細胞への分化を阻害する

最新のResearch Article記事

2021年8月24日号

TCRとCARのシグナル伝達の比較解析によってCARデザインの抗原感受性とin vivo機能を向上させる

単一細胞解析はMVAワクチンに対するヒト樹状細胞の多様な応答を明らかに

2021年8月17日号

CXCL12二量体が非定型ケモカイン受容体1に結合する

小型化され最適化されたキメラ可溶性gp130によるIL-6トランスシグナル伝達の選択的阻害はTH17細胞の増殖を阻害する

2021年8月10日号

受容体型チロシンキナーゼシグナル伝達のリンパ特異的細胞内調節はリンパ管の伸展と機能を改善する